スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アカバの族長たちを サーチ!サーチ!サーチ!

レオン・ボナ " アカバの族長たち(アラビア・ペトラエア)" 1872年

Arabian Sheikhs in the Mountains



レオン・ジョゼフ・フロランタン・ボナ(Léon Joseph Florentin Bonnat, 1833年6月20日 - 1922年9月8日)は、フランスの画家。ボナはバイヨンヌで生まれた。1846年から1853年にかけて、父親が本屋を経営していたスペインのマドリードで暮らした。そこでライムンド・デ・マドラーソ・イ・ガレタ(Raimundo de Madrazo y Garreta)から絵の指導を受けた。
父の死後、バイヨンヌに戻ったのち、1854年にパリへ移る。エコール・デ・ボザールで学び、肖像画家として知られるようになった。ボナの肖像画にはベラスケスなどスペインの写実主義の影響が強く見られる。
1867年にレジオンドヌール勲章(シュヴァリエ章)を、1869年にはサロン賞を受賞し、初めて芸術アカデミーのサロン審査員に選出される。以降、保守的なサロンの重鎮となった。1888年、ボナはエコール・デ・ボザールの教授となり、1905年5月にはポール・デュボワ(Paul Dubois)の後を継いで学長となった。
生き生きした肖像画の他、パンテオンにある『聖ドニの殉教』といったテーマ画も有名である。
ボナの教え子には、アルフォンス・オスベール、ギュスターヴ・カイユボット、マルク・オーレル・ド・フォワ・スゾール=コテ(Marc Aurèle de Foy Suzor-Coté)、ジョルジュ・ブラック、ラウル・デュフィ、モーリス・ヴァセロン(Marius Vasselon)、フレッド・バーナード(Fred Barnard)、アロイジアス・オケリー(Aloysius O'Kelly)アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックなどがいる。1922年9月8日、オワーズ県モンシー=サンテロワで没。



部族の人達が主題の絵は宗教画などよりも個人的に引き込まれます。なんでだろう。白人が描く、白人の生活や白人しか出て来ない物語の世界ばかりを中心に見せられる美術の世界よりも、白人も黒人も混在するリアルな世界をちゃんと見せてくれている気がするからなのかな、なんて思ったりもするのです。この絵を描いた人は白人なんですけれども。


人気ブログランキングに参加しております。下記リンクをポチッと1回クリックして頂けますと励みになります。→ 人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

18世紀 ロココと新古典派:革命の世紀を サーチ!サーチ!サーチ!

ユベール・ロベール " 古代ローマの公衆浴場跡 " 1798年

e2aa.jpg


思い出したのはテルマエ・ロマエです。ローマの公衆浴場と現代日本のお風呂やさんとの繋がりをマンガにした作者って、センスいいなと思い出しながら鑑賞。






ピエール=ナルシス・ゲラン " モルフェウスとイリス " 1811年

img_946957_30004302_0.jpeg


ドラクロワの師匠にあたるピエール=ナルシス・ゲランのこの絵は251cm×178cmという中々の大きさで描かれていました。スタイルのいい若い男女は当時の人達の理想のスタイルといったところでしょうか。


オラース・ヴェルネ " 死の天使" 1851年

ああああ4


光が女性を引張っていく(天使という名前の黒い陰も引張っている)この絵を見ていると、超常現象もありえるのかななんて。イメージの世界は深いことを思い出させます。



人気ブログランキングに参加しております。下記リンクをポチッと1回クリックして頂けますと励みになります。→ 人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック
人気ブログランキングへ

永観堂を サーチ!サーチ!サーチ!

P1010009.jpg


P1010006.jpg



先週の木曜は永観堂が紅葉の見頃で散歩してきました。
これらの写真は一切の加工を施していません。こんなに美しい紅葉を見たのは人生で初めてで、京都だけの美を堪能してきました。


P1010063.jpg



そして、土曜より弟の結婚式のため、東京に行ってました。3泊の滞在だったので、翌日以降に近代美術館、エスパスヴィトン、現代美術館での展覧会を回ってきたので、また近いうちにそれらもUPしようと思います。


とにもかくにも今年の京都は10年に1度レベルの紅葉の美しさが満開だそうです。


P1010014.jpg


P1010007.jpg



P1010032.jpg




人気ブログランキングに参加しております。下記リンクをポチッと1回クリックして頂けますと励みになります。→ 人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック
人気ブログランキングへ

パレルモ港の入り口、月夜を サーチ!サーチ!サーチ!

クロード=ジョセフ・ヴェルネ "パレルモ港の入り口、月夜 " 1769年

201204292151169c8.jpg


クロード=ジョセフ・ヴェルネ 18世紀に活躍した風景画家。光とその陰影の多様性と大気性を詩情的に描写しながら、均衡と調和を感じさせる伝統的な構成や高い写実性に基づいた海景などの風景画を制作し当時、画家として大成功を収める。特に時間軸における光と大気の変化に対する高い関心は印象派など19世紀の画家の先駆的思想であり、後の画家たちによる風景表現の革新における布石ともなった。現存する作品はほぼ全て海景図や風景画であるものの、その中には文学的主題を扱った作品も存在している。

1714年、アヴィニョンで平凡な装飾画家の息子として生を受け、幼少期に同地で父やフィリップ・ソーバン、次いでエクス=アン=プロヴァンスの画家ジャック・ヴィアリに絵画を学ぶ。1734年からローマに赴き、同地で当初はフランス人海洋画家アドリアン・マングラールの許で修行をおこなうものの、フランス古典主義における風景画の巨匠クロード・ロランや17世紀イタリアの画家サルヴァトール・ローザ、さらにはロカテッリやパンニーニから強い影響を受け独自の様式を形成。外国人も多いローマで制作した作品は裕福な諸外国の美術収集家・愛好家たちの注目を集め、大きな成功を収めると共に画家としての確固たる地位を築く。1746年、サロン出品のためにローマからフランスへ絵画を送り、ここでも名声を博す。1753年にフランスへと帰郷し同年、王立絵画・彫刻アカデミーの会員となる。以後、精力的に制作活動をおこない数多くの作品を制作する。中でもマリニー侯が国王のために注文した『フランスの港』を画題とした20点の連作(※実際は15点が制作された)は後年の画家の代表作として名高く、早期から版画家され、多くのヴェルネの追随者を輩出した。晩年期には弟子ヴァランシエンヌの影響で歴史的風景画に取り組むものの、1789年に死去。



結局、光を上手に操るのが絵画の醍醐味なのかなと思いながら鑑賞しました。



人気ブログランキングに参加しております。下記リンクをポチッと1回クリックして頂けますと励みになります。→ 人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック
人気ブログランキングへ

わがまま坊やを サーチ!サーチ!サーチ!

ジャン=バティスト・クルーズ "わがまま坊や" 1760年代初め

acsimages.jpeg



ジャン=バティスト・グルーズ (Jean-Baptiste Greuze, 1725年8月21日 - 1805年3月4日)は、フランスの画家。宮廷風俗を描いた同時代の他の画家と違い,市民生活に題材を求めた風俗画を多く描いた。当時は絶大な人気を誇っていたが、その後18世紀の忘れられた画家として低い評価を受けた。

リヨン郊外のトゥルニュで生まれ、グランドンという名のリヨンの肖像画家のもとで学んだ後、1750年頃にパリに出た。5年後の1755年に初めてサロンに出品した『家族に聖書を読んで聞かせる祖父』が市民の人気を集め、正規のコースをたどることなしに王立絵画彫刻アカデミーへの入会資格を認められた。歴史画家としての名声を望み、その素質を備えていたにもかかわらず、風俗画家としての知名度が高かったため、「風俗画家」として会員になった。アカデミーではナトアールに師事する。一時イタリアに滞在したほかはほとんどパリで制作した。1761年サロンに出品した『村の花嫁』や『こわれた瓶』はその教訓的な内容によってディドロらの称賛を受け、多大の人気を得た。ディドロたちによって「道徳的絵画」として称揚されたこの種の作品は、ロココ風のセンティメンタルな甘さと、オランダ絵画に範をとった精密な描写と逸話性、そしてディドロのいう「繊細で感受性にみちた魂」で主題を扱う態度の結合が生み出したものといえるが、今日から見れば、それはロココ的感傷主義の市民化、家庭化であったともいえる。大革命後,新古典主義の風潮によって彼の業績はなかば埋没したが,しかし大衆的な名声は最晩年まで持続した。



犬が可愛くて、その犬にえさをあげている子供の悪巧み顔も見物でした。


人気ブログランキングに参加しております。下記リンクをポチッと1回クリックして頂けますと励みになります。→ 人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック
人気ブログランキングへ

クピド(絵画の寓意)を サーチ!サーチ!サーチ!

フランソワ・ブーシェ " クピド(絵画の寓意)" 1750 -1760

Scan10005.jpg



フランソワ・ブーシェ(François Boucher, 1703年9月29日 パリ - 1770年5月30日 パリ)は、フランスの画家、素描家、エッチング製作者。上流社会の肖像画や神話画などを描いた。多作家として知られ、生涯に1000点以上の絵画、少なくとも200点の版画、約10000点の素描を制作し、壁画装飾、タピスリーや磁器の下絵制作、舞台デザインの仕事をこなした。


ブーシェの絵をじっと見ていて思い出したのは、ジョルジュ・デ・キリコでした。このクピドの話から繋がっていそうな、飛躍した物語に見えます↓ もう少し正確にキリコの事を調べれば、キリコが影響を受けたものとして何があったかわかるのに。。。勉強が必要ですね。


Giorgio+de+Chirico+-+The+Uncertainty+of+the+Poet+.jpg


tumblr_lqydjz0TWb1qmggeio1_400.jpg


tumblr_lq3sgxT0mG1qgmeqoo1_500.jpg


クピド<絵画の寓意>という題からもうかがえるように、ブーシェの絵は後のシュルレアリスムなどにも繋がるものがあったんだろうなと、見ていると感じたのです。



人気ブログランキングに参加しております。下記リンクをポチッと1回クリックして頂けますと励みになります。→ 人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック
人気ブログランキングへ

蟹のある食卓を サーチ!サーチ!サーチ!

ウィレム・クラースゾーン・ヘダ "蟹のある食卓" 1648年


01seibutu001s.jpg

180cm × 180cm という中々の大きな作品です。だから、とても緻密な描き込みがされています。コップの透明感や銀や金食器の光のあたり方が正直尋常じゃありません。それだけをまじまじとみていられる作品です。精密描写っていう言葉で片付けたくない作品。


ヘダ・ウィレム・クラース Willem Claesz. Heda
17世紀オランダ絵画黄金期において流行したモノクローム・バンケッチェ(モノクローム風の晩餐図)の画家。非常に細密で写実的な描写を得意とし、宗教画や肖像画も手がけるが、モノクローム・バンケッチェやヴァニタス画を始めとした静物画を数多く制作、同時代の静物画家フロリス・クラース・ファン・ダイクと共に1620年代後半から1640年代にかけて一世を風靡したモノクローム・バンケッチの名手として名を馳せる。1620年代の作品は机上にグラスや水差し、食器やそこに盛り付けられる食材など静物画の典型的なモティーフが中心であったが、1630年代からはハム、蟹などの海産物、食べかけのパイなどヘダを代表するモティーフによる静物画を次々と手がけるようになる。1680年に死去。享年86歳。


img_429142_8931622_0.jpeg

今日、両親と母親の妹と私の4人で銀閣寺近くにあるお食事処 "中善" へ行ってきました。食べログでも4点台がつく程なのですが、実際に絶品でした。ちょっと言葉にならないぐらいの美味しさです。日本料理はセンシティブだなと改めて思ったし、このヘダ・ウィレム・クラースの作品のような緻密さが料理の中にこめられているのだろうなと感じました。美味しい食事は心を和ませますね。外国からやってきた母親の妹さんも外国人ながら、とても喜んでくれて、招待して嬉しい気持ちになりました。




人気ブログランキングに参加しております。下記リンクをポチッと1回クリックして頂けますと励みになります。→ 人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック
人気ブログランキングへ

老婦人の肖像を サーチ!サーチ!サーチ!

レンブラント・ファン・レイン "老婦人の肖像" 1654年

老婦人の肖像


レンブラント・ハルメンス・ファン・レイン(Rembrandt Harmensz. van Rijn、1606年7月15日 - 1669年10月4日)は、17世紀を代表する、オランダの画家。単にレンブラントと呼ばれることも多い。大画面と明暗を画面上に強く押し出したルミニズムの技法を得意とし、「光の画家」「光の魔術師」(または「光と影の画家」「光と影の魔術師」)の異名を持つ。油彩だけでなく、エッチングや複合技法による銅版画やデッサンでも数多い作品を残した。また、生涯を通じて自画像を描いたことでも知られる。これらは、その時々の彼の内面までも伝えている。なお、オランダ政府観光局による片仮名表記はレンブラント・ファン・ラインも使われる。
彼はヨーロッパの美術史を代表する重要なひとりである。若くして肖像画家として成功し、晩年には私生活におけるたび重なる不幸と浪費癖による財政的苦難にあえいだが、それでもなお同時代において既に著名であり高い評価を受け続け、オランダには比類すべき画家がいないとさえ考えられた。



レンブラントのこの絵を見て、その筆使いや陰の匂いのするタッチに、何故かフランシス・ベーコンの絵を思い出してしまいました↓


フランシス・ベーコン "教皇インノケンティウス10世の肖像 "

26ad9bbf.jpg



教皇インノケンティウス10世の肖像の元ネタ↓
ベラスケス "インノケンティウス十世の肖像" 1650年

aaakkkkd.jpg



レンブラント→ベーコン→ベラスケス、何のつながりもないのに、知識が少しずつ増えてくると、脈絡のないものからどこか共通項を探してしまう自分がいます。これはあまりよくないことじゃないのだろうか。絵はもっと素直に見るべきなのではないだろうかと思うのです。
絵解きは絵の鑑賞を楽しむ1つの方法だと思いますが、絵解きに縛られていると、本来の絵の楽しさも忘れてしまうかもしれない。そんなことをこの絵を見ながら思っていました。


人気ブログランキングに参加しております。下記リンクをポチッと1回クリックして頂けますと励みになります。→ 人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック
人気ブログランキングへ

愛の園を サーチ!サーチ!サーチ!

カレン・ファン・マンデル "愛の園" 1602年

img_639355_22591010_0.jpeg



カレル・ヴァン・マンデル (Karel van Mander、1548年5月 - 1606年9月2日)は、フランドル生まれのドイツ人画家、詩人。ネーデルラントの画家たちの伝記作家としてもっともよく知られている。芸術家としてのヴァン・マンデルは北方マニエリスム様式 (en:Northern Mannerism) に属し、重要な役割を果たした画家である。
ヴァン・マンデルの絵画作品にはマニエリスム様式の古代神話絵画もあるが、肖像画やピーテル・ブリューゲルの影響を受けたと思われる風俗画もある。エルミタージュ美術館所蔵の『Kermis』に見られるように、次世代の画家たちに大きな期待を抱いていた。



理想の身体を持った男女がくつろいでいます。この絵を見て皆さんはどのような事を考えるのでしょうか?絵解きをする前に素直な気持ちだけで、この絵と向き合ったら、これを鑑賞する人はどんな気持ちを持つだろう?私自身、印象派以前の絵画については知識が全くといっていい程ないので、絵と向き合う時は自然と自分の感情任せになりがちです(一応、音声ガイドを借りて少しだけその背景を知ろうとはしています)。だから、この絵を見た時の個人的な印象は酷く簡単で、何て堕落した世界だろうと思うわけです。


人気ブログランキングに参加しております。下記リンクをポチッと1回クリックして頂けますと励みになります。→ 人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック
人気ブログランキングへ

農婦と猫を サーチ!サーチ!サーチ!

ダーフィト・ライカールト三世 ”農婦と猫" 1640年代

c14a8953cc6396c435bd27273934f7fb.jpg



毛布に包まれた愛くるしい猫が農婦に食べ物をもらっている1コマを描いたこの絵が、私達人間にとって、とても心いやされる場面でした。絵解きをしようとおもわなくても、この絵が私達の感情のどこかに響くことは間違いありません。安直にカワイイと思う人もいるだろうし、猫の気持ちになって、人間のエゴで勝手に毛布にくるめられて、無理矢理えさを食べさせられて可愛そう。猫に自由意志はないのかな、なんて思う人だっているかもしれません。そんな感情も含めて、この絵はユニークな部分をも内包した、いい絵だったと思います。



人気ブログランキングに参加しております。下記リンクをポチッと1回クリックして頂けますと励みになります。→ 人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック
人気ブログランキングへ

ゴリアテの首を持つダビデを サーチ!サーチ!サーチ!

ゴリアテの首を持つダビデ/ヤコプ・ファン・オーストI世 1643年

img_1665_5861672_2.jpeg



どんな場面なのかというと、

旧約聖書の第一サムエル記17章の場面。
ゴリアテはペリシテ人軍の代表戦士。背の高さは3mほどの巨人であり、50キロにもなる鎧で武装していたという。
そのゴリアテに少年ダビデが戦いに挑んだ。ダビデは羊飼いであり、音楽療法士として王に召し抱えられていた少年。

ダヴィデは羊飼いの持ち物の石投げと石をもって立ち向かった。石投げで投げた一つの石がゴリアテの額に命中、石は額に食い込みゴリアテは倒れた。そしてゴリアテの剣でもってとどめを刺して、首をはねた。

この場面は信仰による勝利を描いている。とのこと。



人気ブログランキングに参加しております。下記リンクをポチッと1回クリックして頂けますと励みになります。→ 人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック
人気ブログランキングへ

モナ・リザ→裸婦を サーチ!サーチ!サーチ!

img_337770_1461775_17.jpeg
レオナルド・ダ・ヴィンチ派(工房)作 / 「裸婦」
レオナルド・ダ・ヴィンチ派(工房)作とは、レオナルドの弟子たちの手による作品をさしますが、仕上げの段階でレオナルドが加筆することもあったといいます。



本日からこの展覧会で私が気になった作品を毎日ピックアップしていきたいと思います。第1回目はレオナルド・ダ・ヴィンチ派作の「裸婦」です。これは服を脱いだモナ・リザと考えて良い作品だそうです。


私は今年3月に本物のモナ・リザをルーブルで見てきました。
lisa0.jpg


実は2月にポンピドゥセンターのビデオ・アート展でTOSHIO MATSUMOTOさんのモナ・リザにも遭遇しています。




そして5月に大阪の国立国際美術館でマルセル・デュシャンの描いた(?)モナ・リザを見てきました。
lhooq.jpg



サイケデリックなモナ・リザを見た後に、正しいモナ・リザ、そして、髭の生えたモナ・リザに出会い、遂には、裸のモナ・リザが私の前に現れたのです!
img_337770_1461775_17.jpeg



私は今年モナ・リザと相思相愛のようです。



人気ブログランキングに参加しております。下記リンクをポチッと1回クリックして頂けますと励みになります。→ 人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック
人気ブログランキングへ

大エルミタージュ美術館展を サーチ!サーチ!サーチ!

本日は天気が良かったので、京都市美術館で開かれているエルミタージュ展を見てきました。300万点ある中の89点が今回展示されていたという情報でしたが、本国の収蔵品の多さに正直想像がつかないし、実際にもし見に行くとなったら、1日では回りきることができないなということが想像に難くありません。ルーブルも過去2回行っていますが、相変わらず全部見る事ができていません。。。となると、89点はいささか少ないかもしれませんが、コンパクトに16世紀以降の美術を学習できるいい機会だなと思ったのでした。


IMG_1711.jpg




人気ブログランキングに参加しております。下記リンクをポチッと1回クリックして頂けますと励みになります。→ 人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック
人気ブログランキングへ

足立美術館 横山大観展@美術館「えき」KYOTOを サーチ!サーチ!サーチ!

p1.jpg


日本随一の横山大観コレクションで知られる足立美術館。このたび、同館所蔵作品による「横山大観展」を開催いたします。1868年(明治元年)茨城県水戸に生まれた横山大観は、東京美術学校を卒業後、岡倉天心が理想とした新しい日本画の創造を目指し、日本美術院の創立に参加。以来、院展を舞台に活躍し、長く指導的な役割を果たした近代日本画壇を代表する作家です。
本展では、足立美術館の120点におよぶ大観コレクションより、初期の「無我(むが)」(1897年)をはじめ、大観芸術の集大成とされる海・山十題のうち「海潮四題・秋(かいちょうよんだい・あき)」「霊峰四趣・夏(れいほうよんしゅ・なつ)」(ともに1940年)、そして最晩年の「山川悠遠(さんせんゆうえん)」(1957年)など、各時代の名作41点を精選し、一堂に展観いたします。気品にあふれ、気宇壮大な大観芸術の世界をご堪能いただければ幸いです。この機会をお見逃しなく、ぜひご覧ください。




9月に見に行ったのが横山大観の展覧会です。
E784A1E68891E38080E6A8AAE5B1B1E5A4A7E8A6B3.jpg



この富士山の絵が凄く凄く可愛くて、ポストカード買ってしまいました↓
31_1_50.jpg


この絵は京都の秋を彷彿とさせる美しい色使いで、早く京都に紅葉の季節が来てほしい想いに駆られました↓
pic01.jpg



人気ブログランキングに参加しております。下記リンクをポチッと1回クリックして頂けますと励みになります。→ 人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック
人気ブログランキングへ

宇宙人ポールを サーチ!サーチ!サーチ!

upup1.jpg


ショーン・オブ・ザ・デッドのあの2人が今回は宇宙人とはっちゃけたこの映画。宇宙×コメディは他にギャラクシークエスト、デイブは宇宙船、銀河ヒッチハイク等が好みなんですが、それらと同じかそれ以上に好きになった映画がこの宇宙人ポールです。小ネタもちりばめられていてマニア心をくすぐられる場面も沢山。でも、一番のツボはポールがかなり生意気なところ。イギリス的なユーモアも多くて最高におすすめです。






人気ブログランキングに参加しております。下記リンクをポチッと1回クリックして頂けますと励みになります。→ 人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック
人気ブログランキングへ
カレンダー
ランキング
カウンター
プロフィール

search

Author:search
サーチです。
サブカルチャーに憧れた思春期を過ごし、ロンドンの某芸術大学の門をたたく。その後、メジャーとサブカルの両方をこよなく愛するように。世界中のアート、音楽、ファッションをちょっぴりサブカルの視点から紹介します。アートは若葉マークにつきご注意下さい。

ブクログ始めました(私の本棚)↓
http://booklog.jp/users/search123

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。