スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BUGADA&CARGNELを サーチ!サーチ!サーチ!

Bellevilleという駅がRepublique駅の近くにあります。ロンドンで言えば、Whitechapelに似た雰囲気を持つこのエリアは中華系の方が多くいるエリアでとても街中にやんちゃなグラフィティが沢山あるファンキーな場所なのですが、そこでは最近多くのギャラリーが次々に移転、オープンをしているそうだという噂を聞いて、このエリアに足を踏み入れることにしました。


BUGADA&CARGNELというギャラリーは駅から歩いて10分。細い小道や坂道を昇り、油断すると絡まれそうなお金に不自由していそうな若者をよけて辿り着きます。辿り着いたなと思うのですが、入り口が見当たりません。付近を1周してみて気付いたのが目の前に建つ、グレーの扉の工場か大きな倉庫みたいなビルがそのギャラリーなのです↓

IMG_3311.jpg




ドアに何やら文字が書かれていたので寄ってみると↓ギャラリーという事が分かります。
IMG_3312.jpg


どうにかこうにか目当てのギャラリーを見つけると中もやはり倉庫のような空間でした↓
IMG_3309.jpg


複数のアーティストによる合同展です↓
IMG_3301.jpg

タイトルは…I should learn to look at an empty sky and feel its total dark sublime
Marc BIJL, Pierre BISMUTH, Étienne CHAMBAUD, Cyprien GAILLARD, Julio LE PARC, Nico VASCELLARI, Benjamin BRONNI という方々が出品しています。


この丸のようなオブジェは岡本太郎の太陽の塔の顔部分を彷彿とさせました。
IMG_3306.jpg


ちなみにこのオブジェを作ったBenjamin BRONNIさんは85年生まれの作家さん。他にはこんな立体作品も作成しています。かっこかわいいです↓
benjamin_bronni_01.jpg

benjamin_bronni_03.jpg





引いて撮った写真を改めて眺めてみると深い黒の世界が広がっている事を実感↓
IMG_3302.jpg


paris-bugadacargnel-web1-899x600.jpg



こちらの抽象画は見れば見るほど、ペンキ屋のお兄ちゃんが練習で適当に塗ったとしか思えないなんて考えたり、、、↓
IMG_3308.jpg



でも、この抽象画は鉛っぽい雰囲気に美を感じてみたり↓そしてマーク・ロスコの作品を彷彿とさせた
IMG_3304.jpg



どこから撮っても現れるのはこの丸いオブジェ。主張が凄い。
IMG_3310.jpg


見える角度で表情を変えるこのオブジェはなんだか気になる存在でした。
IMG_3303.jpg



光/明るさがない世界観が表現されていた展示物達を見ていると、冬のヨーロッパを想起させました。抜け出せない明るみのない寂しい世界観を妄想させます。白と黒の世界は美しくも危うい危険な世界だと私は感じるのですが、それはこの倉庫のようなギャラリーやこの日が暗く重い空気を醸し出す天気だったこと、このギャラリーまでの道が荒んでいたことが後押しさせていたような気がします。


IMG_3307.jpg


絵や作品を見るという行為と自分の体調、シチュエーションは切っても切り離せないものです。その美術館、ギャラリーがある街の雰囲気からすでに見ようとしている絵の印象が形作られているに違いないと感じました。


IMG_3305.jpg




人気ブログランキングに参加しております。もし可能でしたら、下記リンクをポチッと1回クリックして頂けますと励みになります。→ 応援よろしくお願い致します。
人気ブログランキングへ

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント:

カレンダー
ランキング
カウンター
プロフィール

search

Author:search
サーチです。
サブカルチャーに憧れた思春期を過ごし、ロンドンの某芸術大学の門をたたく。その後、メジャーとサブカルの両方をこよなく愛するように。世界中のアート、音楽、ファッションをちょっぴりサブカルの視点から紹介します。アートは若葉マークにつきご注意下さい。

ブクログ始めました(私の本棚)↓
http://booklog.jp/users/search123

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。