スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

辰野金吾を サーチ!サーチ!サーチ!

こちらは夜の八坂神社です↓
DSC_0016.jpg


明日から京都ではART KYOTOが行われるそうで、今、京都にいます。というわけで、先日の新風館の記事や東本願寺の井上雄彦氏の屏風を見たり、京都を満喫しています。京都の建築物で外せないものはとても沢山あるので、折を見てまた紹介できればと思うのですが、今回紹介するのは住んでいる烏丸にあるみずほ銀行京都中央支店を設計した「辰野金吾」です。


93-1.jpg

辰野 金吾- 1854(安政1)~1919(大正8)〕明治・大正期の建築家。辰野隆の父。肥前(佐賀県)出身。工部大学校(東大)卒。英人コンドルに学び、イギリスに留学後、1884(明治17)東大に日本建築の講座を設け、'98東大工科大学長。1902退官し、翌年、辰野葛西建築事務所を創立。'05大阪辰野片岡建築事務所を創立。建築学会会長もつとめた。明治期建築界の開拓者・指導者である。主建築に1896日本銀行本店、1914(大正3)東京駅がある。

ご存知の方も多いかもしれませんが、旧帝国大学を主席で卒業した辰野氏は赤坂離宮を設計した同級生の片山東熊と並び日本建築史において礎を築いた人物です。主要作品を語りだすときりがないので、今回は日本銀行京都支店(1906)=現みずほ銀行について考察したいと思います。



image002.jpg
日本銀行京都支店は、明治39年(1906)に設計された煉瓦造の建築物です。途中変更されて、平安悪物館として利用されていたが、現在は、竣工当時の姿に復元し、1988年(昭和63年)に新設された本館と共に、京都文化博物館別館として開館している。19世紀後半のイギリス建築で見られるクィーン・アン様式に則った「辰野式」と
呼ばれる様式で、赤煉瓦と白い花崗岩の横縞が特徴的です。



こちらが現在の日本銀行京都支店=みずほ銀行↓国指定重要文化財です
jap76o.jpg


ホール↓
20120217160852.jpg


img_1803846_57488841_8.jpeg


建物の前を東西に延びる三条通は、江戸時代に東海道の西の起点として賑わったところで、近代になると集書院、郵便局、商店、銀行、保険会社などが建てられました。1912年(明治45)に四条通、烏丸通が拡幅されると、その賑わいは移ったが、それがかえって多くの歴史的建造物を残すことになりました。現在、三条通の新町通から寺町通の一帯は京都市の「界わい景観整備地区」に指定されています。


京都は有名なお寺などが沢山あるので、そういう場所に目がうつりがちですが、こういった近代建築や築100年以上の家がビルとビルの合間にあるので、異空間を味わえます。碁盤の目になっている道もパリを彷彿とさせるので、日本に京都があるという事がどんなに素晴らしいことかを大人になった今実感しています。建築フリークでなくとも楽しめる!明日からはアート京都のレポートをする予定です。


京都で桜を満喫しました。こちらは円山公園の夜桜。巨大でおとぎの国にいるかのような錯覚を覚えます。
DSC_0015.jpg




人気ブログランキングに参加しております。下記リンクをポチッと1回クリックして頂けますと励みになります。→ 人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック
人気ブログランキングへ

トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた.【辰野金吾を サーチ!サーチ!サーチ!】

明日から京都ではARTKYOTOが行われるそうで、今、京都にいます。というわけで、先日の新風館の記事や東本願寺の井上雄彦氏の屏風を見たり、京都を満喫しています。京都の建築物で外せ

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント:

カレンダー
ランキング
カウンター
プロフィール

search

Author:search
サーチです。
サブカルチャーに憧れた思春期を過ごし、ロンドンの某芸術大学の門をたたく。その後、メジャーとサブカルの両方をこよなく愛するように。世界中のアート、音楽、ファッションをちょっぴりサブカルの視点から紹介します。アートは若葉マークにつきご注意下さい。

ブクログ始めました(私の本棚)↓
http://booklog.jp/users/search123

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。