スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原弘と東京国立近代美術館を サーチ!サーチ!サーチ!

1-DSC_0153.jpg

実はこのGW中に東京に足を運んで、色々なアート巡りをしてきました。まず、最初に向かったのが東京都国立近代美術館。「原弘と東京国立近代美術館-デザインワークを通して見えてくるもの」という展示がジャクソン・ポロック展と併設で行われていたので合わせてみてきたのです。


竹橋駅すぐの近代美術館。
2-DSC_0154.jpg


充実した展示内容↓
3-DSC_0155.jpg



今回紹介する展覧会↓
4-120422f.jpg

原 弘(はら ひろむ、1903年6月22日 - 1986年3月26日)は昭和期の日本を代表するグラフィックデザイナーの一人。
ヨーロッパで開花した近代タイポグラフィー運動『ノイエ・ティポグラフィー』の理念を支持しながら、日本の活字文化で独自の表現の確立を志し、原はこれを『僕達の新活版術』と呼んだ[1]。原のデザインスタイルは理論的に組立てるもので、作家性のあるものではなく、依頼者側に立ち、装幀、ポスター、パッケージなどを数多く手がけた。生涯に手がけた出版物の総数は、雑誌の表紙デザインなども含めれば、おおよそ3000点近くにもおよぶ。
特に装幀において高く評価されており、1940年代末から1970年代半ばまで装幀者として第一線で活躍。出版界に一時代を築いた。美術評論家の勝見勝は原を『ブックデザインの天皇』と評している。
原は日本デザインセンターの創設に参画し、デザインビジネスの最前線で活躍するかたわら、美術大学で教鞭を執るなど教育者としても知られている。
デザインに用いられる「紙」についても、早い段階から重視しており、1959年から1972年にかけて、紙商社である竹尾洋紙店(現株式会社竹尾)と洋紙の開発を行い、『パンドラ』、『サーブル』、『フロッケン』などの紙を生み出した。



以前紹介した田中一光さんよりもずっと前の世代のデザイナーさんです。2Fの一区画を利用して行われていた20年に渡る東京国立美術館のポスターの仕事を中心とした展示でした。


その中でも最初に私の目にとまったのが戦時中の対外宣伝グラフ誌の「FRONT」です。

5-Front.jpg


6-21.jpg


7-front.jpg

『FRONT』(フロント)は、第二次世界大戦中の1942年(昭和17年)から1945年(昭和20年)にかけて、10冊が出版(刊行9冊)された大日本帝国の対外宣伝(プロパガンダ)グラフ雑誌(グラフ誌)。発行・出版元は東方社。雑誌名『FRONT』は戦線の意。

『FRONT』は友好国・占領地域・中立国・敵対国といった日本国外の地域や民族に対して、日本の国威・軍事力・思想等を誇示する狙いから号によるが最大15か国語で翻訳され、陸海軍と政府の全面協力および、その豊富な資金力により極めて上質な体裁で刊行された。レイアウト、紙質、印刷などグラフ誌としてのクオリティも極めて高く、また、プロパガンダ目的のため一部の掲載写真作品にはフォトモンタージュなどの合成写真技法によって兵器の数を実際よりも増やしたり、機密理由のためエアブラシでの修正なども行われていた。


内容は↓
8-front1b.jpg


9-warvisual5.jpg


10-front12.jpg

写真の合成も今なら合成と理解できるけれど、その合成感も含めて美しくレイアウトされていると感じます。戦時中にも関わらず、グラフィックデザインはよりアートへ美をもたらすものであったのだなということがわかります。


そしてこの東京都国立美術館の展示ポスターたちがこちら↓
11-img_exhibition01.jpg


12-03_synk_arakawa_picaso.jpg


13-bauhaus_kinbi.jpg


グラフィックデザイン(英: graphic design)は、主として平面の上に表示される文字や画像、配色などを使用し、情報やメッセージを伝達する手段として制作されたデザインのこと。
ポスター、雑誌広告、新聞広告、映画・コンサート・演劇・展覧会等のフライヤー(チラシ)、商品のパッケージデザイン、ロゴマークなど、多岐にわたる。近年では、コンピュータ上で表示されるインタラクティブデザイン、モーショングラフィック、ウェブデザインの中においても、写真や文字のデザイン、配置や配色、アイコン設計などを含むことがある。メディアの多様化により、デザインの中で特に「平面的な媒体表現」を超えた、広義なとらえ方に変化してきている。情報伝達と美術の融合として、展覧会なども行われる。

グラフィックデザインには建築士の様な国家資格は存在しない。そのため、技術や知識、センスにも様々なレベルがある。元々のアイデアを視覚的に表現するデザイナーもいれば、大量生産用の商品や印刷物のデザインを行うものまで様々である。



というわけで、プロならば技術はあって当然という認識の中でセンスの塊であるかどうかに作品はかかってくるわけです。お洒落職業じゃないかとも思うのですが、美しさを求めると必然的にお洒落になるというのは当たり前だよなとも思います。
しかし、全く持って不思議なのは美術系の人やグラフィック系の人って、何故コムデギャルソン着用率が高いのでしょうか。これはイメージの問題ではなく、実際に本当にそうなのです。勿論、コムデギャルソンが私たち日本人に合う既製服を作っている上にセンスがある服だからというのが理由ではあるのですが、しかしあまりにもギャルソン率が高い。
ユニクロが日本国民にとってのスタンダード服でありたいと言っているように、デザイン、美術関係の人のスタンダード服ってギャルソンだなと思う今日この頃なのです。ギャルソンは制服なんだよな。



文字を構成するのにどれだけタイポグラフィーが重要か、バランス感覚が大事なのか考えさせられます。私たちが毎日接している新聞1つだって、大見出し、小見出し、本文と使われるフォント、見せ方に各媒体によってこだわり、フォーマットがあるわけです。原弘さんは戦前、戦中、そして戦後と大活躍をなされている日本グラフィック界の超巨匠だったわけです。この時代は日本にようやく建築家が生まれた頃でもあり、本質的な意味での文明開化が巻き起こっていたのだなと妄想しました。和洋折衷の洋が少し強いくらいの感じが私は好きなのですが、多分、この時代のグラフィックデザインって、私の好みなのかもしれないと思うのです。



今回の記事は参考になりましたか?もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。→ 人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック
人気ブログランキングへ

トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【原弘と東京国立近代美術館を サーチ!サーチ!サーチ!】

実はこのGW中に東京に足を運んで、色々なアート巡りをしてきました。まず、最初に向かったのが東京都国立近代美術館。「原弘と東京国立近代美術館-デザインワークを通して見えてくる...

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント:

カレンダー
ランキング
カウンター
プロフィール

search

Author:search
サーチです。
サブカルチャーに憧れた思春期を過ごし、ロンドンの某芸術大学の門をたたく。その後、メジャーとサブカルの両方をこよなく愛するように。世界中のアート、音楽、ファッションをちょっぴりサブカルの視点から紹介します。アートは若葉マークにつきご注意下さい。

ブクログ始めました(私の本棚)↓
http://booklog.jp/users/search123

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。