スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GA GALLERYを サーチ!サーチ!サーチ!

DSC_0209.jpg


建築雑誌として有名なGAですが、GAが運営するギャラリーというものが北参道駅すぐ側にあります。全く知らなかったです。つい最近建築に興味を持ち始めた私としては、東京って本当に何でもあるのだなという事を実感します。住んでいた頃は全然何も知らなかったです。外国から来て、趣味の幅が広がり、考え方が少し変わったおかげで成熟した芸術に対する関心、芸術と思想を含む建築物に興味を持ったおかげで「東京」のコアな部分を再発見しました。本当に美術、建築、ファッション、写真、各分野のプレス関係者の方々、一般の素人の私達に有益な情報を開示してくださって、ありがとうございます(^^)


487140795009LZZZZZZZ.jpg

というわけで、このギャラリーで展示は「PROJECT 2012」というタイトルで、それぞれの建築家が現在進行形の建築物の設計図と模型を発表する展覧会でした。


図面と模型が展示されている会場
DSC_0179.jpg


丁寧に作られた美しい模型
DSC_0180.jpg


3Dでデザインできる時代
DSC_0185.jpg


DSC_0186.jpg


DSC_0192.jpg


DSC_0194.jpg


DSC_0201.jpg


DSC_0204.jpg


DSC_0199.jpg


DSC_0203.jpg


詳しい説明はGA HOUSES 125を買えばおわかりになります。こちら のサイトで試し読みできました。以前、紹介した「行動主義」という本でレム・コールハースが運営する会社は資金難の時代は模型を売ったりして食いつないでいたそうですが、今回この展覧会に来てみて、美しい模型とそのプランは私達見る側に夢を与えてくれているなと思いました。そこに夢がありました。もし、自分がお金持ちだったら、こんな家に住んでみたいと思えたし、こんな素敵な家を設計してくれる人なら家を建ててみてもいいかもなんて考えました。


ギャラリーには建築家の卵のような人や、なんとびっくりすることに中国語を喋っていたので中国の方もいました。多分、建築関係の方だと思うのですが、さすがGAはGA INTERNATIONALも出しているだけあって、懐が深いなと関心しました。


帰り道は原宿方面に歩いてみたのですが、すると元ピテカントロプスのビルって、よく見るとモダニズム建築だった事実に気付きました↓
DSC_0412.jpg


DSC_0411.jpg
単純な形態が複数にわたり並ぶというのは、ミニマルアートを連想させますし、反復は気持ちいいことを証明しますね。


DSC_0410.jpg
こちらは私が海外にいた隙に出来上がったらしい元GAP@原宿。建築模型を沢山見た後だけに、この建物もまるで模型のように実体がないものに見えてきます。それだけ模型には現実感があるという事もわかりました。




人気ブログランキングに参加しております。下記リンクをポチッと1回クリックして頂けますと励みになります。→ 人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック
人気ブログランキングへ

トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【GA GALLERYを サーチ!サーチ!サーチ!】

建築雑誌として有名なGAですが、GAが運営するギャラリーというものが北参道駅すぐ側にあります。全く知らなかったです。つい最近建築に興味を持ち始めた私としては、東京って本当に

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント:

カレンダー
ランキング
カウンター
プロフィール

search

Author:search
サーチです。
サブカルチャーに憧れた思春期を過ごし、ロンドンの某芸術大学の門をたたく。その後、メジャーとサブカルの両方をこよなく愛するように。世界中のアート、音楽、ファッションをちょっぴりサブカルの視点から紹介します。アートは若葉マークにつきご注意下さい。

ブクログ始めました(私の本棚)↓
http://booklog.jp/users/search123

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。