スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田中敦子を サーチ!サーチ!サーチ!

DSC_0254.jpg


東京都現代美術館で開かれている「アート・オブ・コネクティング 田中敦子」を見てきました。


田中敦子(1932-2005)は金山明の助言で、抽象表現へと進み、コラージュによる《カレンダー》を制作しは じめ、このときより繊細さと力強さが共存する独自の感性を発揮します。その後、金山とともに吉原治良の指導のも とに結成された前衛団体「具体」に参加。20個のベルが順に鳴り響く《作品》(ベル)(1955年)、9色の合成
エナメル塗料で塗り分けられた管球約100個と電球約80個からなる《電気服》(1956年)ほか、彼女のパ フォーマンスやインスタレーションをとりいれた表現は具体のなかでも突出した異彩を放ち、注目を集めました。この時 期の彼女の作品は音や電気の明滅、あるいは時間といった非物質的な素材を、従来の美術表現にとらわれること なくその存在のありようをもっとも際だたせる方法で抽出したのです。

さらに彼女はこうした試みを絵画において表現すべく、電気服の電球と配線に対応する円と線から成り立ったおび ただしいヴァリエーションの絵画群を生涯描き続けます。彼女の歩みはある時は極端にラディカルな展開があり、 あるときは淡々とした繰り返しのように見えますが、すべて一つ一つの作品がつながりあった新たな実験でした。

具体をはじめとして、日本の戦後現代美術への再評価の気運が高まっていますが、田中敦子は没後の Documenta12(2007年)でも大きく特集されるなど、とりわけ重要視されています。本展は作家自身の監修の もとに再制作された《作品》(ベル)、《電気服》をはじめとした代表作約100点で構成され、革新性を模索し続けた彼女の歩みを回顧します。




"GUTAI"というアート集団は当時の文献を読む限り、とてもグローバルな活動を目指していたことがわかります。日本でもこんな前衛アート集団が私が生まれる前にあったことに関心したし、実際にその作品も白髪一雄さんの足で描くアートや金山明さんの抽象画はアクション・ペインティングそのもので、ポロック、デ・クーニング以降の海外のアートとシンクロしていたことがわかります。このあたりは本当に調べるほど面白いので、もっと沢山の文献を図書館で読みあさろうと思っています。というわけですが、森村泰昌さんにもカバーされた田中敦子さんの資料がこちらです↓


T-Thanks Sam 1963年
Thanks Sam 1963年


T-地獄門1965-69年
地獄門 1965-1969年


T-電気服
電気服


などなど。回顧展なので、見所はいっぱいあります。円の抽象画、風船とコネクトした紐にようにみえる絡まりが凄い作品。その絡まりを目で追うと、ジャクソンポロックのドリッピングを思い出しました。やはり田中敦子さんも海外の表現〜具体のメンバー活動とリンクした絵画表現が使われているように感じます。

電気服はある種のパフォーミングアートだと思うのですが、電気のカラフルな色使いと彼女のカラフルな作品のリンクは色というものが明るくて元気の出るものだということを改めて思い出せてくれる一面がありました。

正直、3Fをフルに使ってやる展示としては同じような印象の作品が多かったので、「?」と思う部分もあったのですが、もしかしたら、田中さんはグループ展にいると輝きが増すアーティストなのかもしれないとも感じました。そして何より、参考文献を読めば読むほど、具体美術協会の活動を知りたくなりました。



具体美術協会(ぐたいびじゅつきょうかい、具体美術、具体、GUTAIとも)は戦前から活躍していた前衛画家・吉原治良を中心に1954年に兵庫県芦屋市で結成した団体。

「人の真似をするな」という吉原の指導のもと、従来の表現や素材を次々と否定して新しい美術作品を生み出していった。初期のメンバーは、吉原の周辺や芦屋市展に集まっていた若手美術家で、嶋本昭三、山崎つる子、正延正俊、上前智祐、吉原通雄、吉田稔郎、白髪一雄、村上三郎、金山明、田中敦子、元永定正など。機関紙「具体」の発行、芦屋川河畔での野外展、東京(草月会館)および関西での「具体展」、梅田のサンケイホールなど舞台での発表やデパートの屋上でのアドバルーン展など、型破りで新鮮な活動をめざましく展開していった。やがて具体はフランスの批評家ミシェル・タピエによって「アンフォルメルの日本における一例」として広く海外へ紹介され、高く評価されるようになった。



具体は関西のアート集団としての位置づけもあったわけですが、関西はアンダーグラウンド/サブカルチャー文脈というものが古くからあることを知るきっかけにもなりました。80年代の関西のアンダーグラウンドといえば山塚アイによるハナタラシの活躍も外せないし、90年代にはこの間取り上げたヤノベケンジさんの活躍などなど、とにかく関西らしく、「濃い」人達が個性をはびこらせていることを現代も踏まえて実感しました。



DSC_0258.jpg
そんなわけで私が見に行った日は大雨でしたが、知識の増殖と共にアートの深みを感じた楽しい展示でした。



人気ブログランキングに参加しております。下記リンクをポチッと1回クリックして頂けますと励みになります。→ 人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック
人気ブログランキングへ

トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【田中敦子を サーチ!サーチ!サーチ!】

東京都現代美術館で開かれている「アート・オブ・コネクティング 田中敦子」を見てきました。田中敦子(1932-2005)は金山明の助言で、抽象表現へと進み、コラージュによる《カレンダ...

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント:

カレンダー
ランキング
カウンター
プロフィール

search

Author:search
サーチです。
サブカルチャーに憧れた思春期を過ごし、ロンドンの某芸術大学の門をたたく。その後、メジャーとサブカルの両方をこよなく愛するように。世界中のアート、音楽、ファッションをちょっぴりサブカルの視点から紹介します。アートは若葉マークにつきご注意下さい。

ブクログ始めました(私の本棚)↓
http://booklog.jp/users/search123

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。