スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐内正史「ラレー」展を サーチ!サーチ!サーチ!

DSC_0323.jpg


DSC_0324.jpg


DSC_0325.jpg



佐内正史さんは私の中で好きな日本の写真家の1人です。といっても、佐内さんの撮るストリートの空気感が好きなんです。誰でも撮れそう、手が届きそうと思われる写真は若者の憧れの対象になりやすい。当然といえば当然のことなのですが、実際はやっぱりそんな撮れそうで撮れるわけのない写真表現をしておられるわけです。


佐内正史 - 1968年 静岡県静岡市出身。写真家。24歳で写真を始める。写真集『生きている』でデビュー。CMをはじめとした映像にもその活動を展開。映画『ジョゼと虎と魚たち』では劇中使用写真を担当。ロックバンド、くるりのアルバムジャケット写真も手がけている。



そんな佐内さんの恵比寿Nadiffの展示は「ラレー」
「ラレー」って何?



DSC_0326.jpg


ラレーとは、「らーめん」と「カレー」のことである!!



正直、ギャラリー内部に入って写真を見てびっくりしました。カレーとらーめんの写真じゃないか、と。ただ、それぞれが交互に並べられている。それだけの展示。

確かに佐内さんの写真表現には沢山の形があります。パチンコ台のエヴァンゲリオンの台を接写して撮った写真はデコトラの色彩感覚に既視感を感じたし、私自身エヴァンゲリオンのサブカルチャー具合にはやられた1人でもあるので、あの写真集はツボでした。

しかし、今回はラレーですよ。
格好よくお洒落な空気をまとうカレーとラーメン達。格好いいカレーって何?格好いいらーめんって何?

言ってて私も謎極まるばかりなのですが、確かにそれらには雰囲気があるんですよね。でも、その写真を見たからといって、ラレーをその後食べにはいく気がしなかった。ただ、それだけの話。それぐらいの話のスケールがラレーには似合います。

DSC_0327.jpg


DSC_0328.jpg


Nadiffの地下のこのギャラリーは相変わらずなんか寂しい感じがします。地下感が凄いからでしょうね。
DSC_0329.jpg


今回も佐内さんの自家出版「対照」レーベルから
DSC_0415.jpg


DSC_0414.jpg



写真って、いったいなんなのでしょう。
中平卓馬さんは「記録」するものだと語りました。今、写真の文献、近代/現代芸術の図書をまとめて並行に読んでいるところなのですが、好きだった写真や芸術にのめりこむほど、よくわからないモヤモヤが増えてくるばかりです。学習することで知識を深めて、鑑賞したものへの感動を増やしたいと考えています。

ラレーにだって、感想はあるはずだ!そう自分に言い聞かせて言葉を紡ぎたいのですが、、、。写真としてこの対象物に向き合っていたのか、食べたものの記録としてのものなのか、考えても答えはでないのです。私だけの感性でこの写真を見た感想しか言えない。これもまた真理なのだろうな。ラレーをみて、ラレー食べたいとは思わなかった。らーめんもカレーも重すぎて、今は緑などフレッシュな野菜を中心に食べ物を食べたい気分です。これが今回の感想かな、です。




人気ブログランキングに参加しております。もし可能でしたら、下記リンクをポチッと1回クリックして頂けますと励みになります。→ 応援よろしくお願い致します。
人気ブログランキングへ

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント:

カレンダー
ランキング
カウンター
プロフィール

search

Author:search
サーチです。
サブカルチャーに憧れた思春期を過ごし、ロンドンの某芸術大学の門をたたく。その後、メジャーとサブカルの両方をこよなく愛するように。世界中のアート、音楽、ファッションをちょっぴりサブカルの視点から紹介します。アートは若葉マークにつきご注意下さい。

ブクログ始めました(私の本棚)↓
http://booklog.jp/users/search123

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。