スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミッドナイト・イン・パリを サーチ!サーチ!サーチ!

20120310_79526c.jpg



『ミッドナイト・イン・パリ』 (Midnight in Paris) は、2011年のロマンティック・コメディ映画。ウディ・アレンが脚本と監督を務め、第84回アカデミー賞で脚本賞を受賞した。


映画脚本家で処女小説の執筆に悪戦苦闘中のギル・ペンダー (オーウェン・ウィルソン) は婚約者のイネス (レイチェル・マクアダムス) とその裕福な両親とともにパリを訪れる。ギルはパリに住みたいとさえ考えているが、イネスはマリブに住むと言って聞いてくれない。2人はイネスの友人ポール (マイケル・シーン) と遭遇し、ともに街を回る。イネスはポールを気に入っているものの、彼が偉そうに語る歴史や芸術の薀蓄には間違いが多く、インテリぶったポールがギルにはどうにも鼻持ちならない。

ある夜の12時、ギルは酒に酔ったままパリの街をうろついていると、アンティークカーが止まり、車中の1920年代風の格好をした男女がギルを誘う。そして向かったパーティには、コール・ポーター、F・スコット・フィッツジェラルドと妻ゼルダがいた。そのパーティはジャン・コクトーのパーティだった。そこでギルは、彼が愛して止まない1920年代に来ていたことに気づく。その後、フィッツジェラルド夫妻、ポーター夫妻と行ったクラブでは、ジョセフィン・ベイカーもいた。その後に、フィッツジェラルド夫妻と飲みに入ったバーでは、アーネスト・ヘミングウェイと出会う。ヘミングウェイに自分の小説を読んでくれないかともちかけたギルだったが、ヘミングウェイに「自分は読みたくないが、代わりにガートルード・スタインを紹介しよう」と言われ、舞い上がる。

次の夜、イネスを一緒に誘うが、真夜中になる前にイネスは「疲れた」と帰ってしまう。彼女が帰るやいなや、夜中の12時の鐘が鳴り、古いプジョーが現れた。今度はヘミングウェイが乗っていた。彼と一緒にスタインの家へ行くと、今度はそこにパブロ・ピカソとその愛人、アドリアナがいた。スタインはピカソとピカソの描いたアドリアナの肖像画について論議をかわしていた。そこで初めてアドリアナに会ったギルは、一目惚れしてしまう。
現代と1920年代を行き来しながら、婚約者イネスとの関係とアドリアナに魅かれる自分に悩むギル。しかし、シュルレアリストである、サルバドール・ダリ(エイドリアン・ブロディ)、ルイス・ブニュエルとマン・レイからは、「それはごく自然なことだ」と言われてしまう。








本日観てきました。ウディ・アレン監督作品は大人の嗜好品です。とにかくハッピーなコメディでした。先日まで住んでいたパリの街角や観光スポットを映像を観ながら思いを馳せ、そして映画に没入しはじめると、なんとウディ監督にとっての「黄金時代」1920年代にタイムスリップ。
出てくる登場人物はあの頃のシュルレアリストやヘミングウェイ、フィッツジェラルド夫妻など作家達。ウディが恋焦がれた20年代に主人公をワープさせて恋愛までさせちゃいました。


こんな夢みたいな20年代を観ていると、過去に囚われてしまうのがとてもわかります。どんな人でも必ず「あの頃はよかった」って、思う瞬間ってあると思います。私たちはいつも「あの頃」に生きているといっても過言じゃないほど、よく「それぞれのあの頃」を振り返ります。

ウディや主人公にとっては20年代、ピカソの愛人だったアドリアナにとってはベル・エポックの時代、ベル・エポックに生きる、エドガー・ドガやゴーギャンにとってはルネサンス期。。。私にとっては1980年代がそれにあたります。いつの時代の人達も今その瞬間を生きている自分の時代の事を憂いているのです。そんなのってあんまりだけれど、確かにそうだよな。。。と思いました。だって、私もそうなんですから。


みなさんもよかったらこの映画を見てパリに浸って、軽快なコメディのウディ節を堪能してください。ウディ映画はどれもおすすめなのですが、個人的に好きな作品は「さよなら、さよならハリウッド」と「スコルピオンの恋まじない」がお気に入りです。とはいって、ほとんど全部好きなんです。ウディおじいちゃんが亡くなる前に是非とも彼の作品を沢山の人に気付いてもらって楽しんでもらえるといいですね!




人気ブログランキングに参加しております。下記リンクをポチッと1回クリックして頂けますと励みになります。→ 人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック
人気ブログランキングへ

トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【ミッドナイト・イン・パリを サーチ!サーチ!サーチ!】

『ミッドナイト・イン・パリ』 (Midnight in Paris) は、2011年のロマンティック・コメディ映画。ウディ・アレンが脚本と監督を務め、第84回アカデミー賞で脚本賞を受賞した。映画脚本家で処...

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント:

カレンダー
ランキング
カウンター
プロフィール

search

Author:search
サーチです。
サブカルチャーに憧れた思春期を過ごし、ロンドンの某芸術大学の門をたたく。その後、メジャーとサブカルの両方をこよなく愛するように。世界中のアート、音楽、ファッションをちょっぴりサブカルの視点から紹介します。アートは若葉マークにつきご注意下さい。

ブクログ始めました(私の本棚)↓
http://booklog.jp/users/search123

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。