スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フリーダ・カーロを サーチ!サーチ!サーチ!

frida.jpeg


マグダレーナ・カルメン・フリーダ・カーロ・イ・カルデロン(Magdalena Carmen Frida Kahlo y Calderón、1907年7月6日 - 1954年7月13日)は、メキシコの画家。
コヨアカンの出身。ドイツ系ユダヤ人[1]移民でルーマニア・オラデア出身の写真技師の父・ヴィルヘルム(メキシコ移住後は対応するスペイン語名のギジェルモに改名)とメキシコ先住民の血を引く母・マティルデの間に生まれた。6歳の時にポリオに罹患して右足が不自由になる。また二分脊椎症を患っていた。更に1925年9月17日、乗っていたバスが路面電車と衝突し、肩の脱臼、肋骨・鎖骨・背骨・骨盤の骨折、右足の粉砕骨折など瀕死の重傷を負った。入院中に絵を独学で学び、ディエゴ・リベラにその才能を認められ、1929年8月21日にリベラと結婚。しかしリベラとフリーダ双方の浮気(フリーダはバイセクシュアルであった)や、バス事故の後遺症に伴う流産などが重なって1939年に離婚するが翌年復縁し、以降は怪我の後遺症に苦しみながら創作活動を行う。ヨーロッパ的な感性にインスピレーションを得、知的かつ特徴的な独自のシュルレアリスムは、フランスのシュルレアリストに高く評価された。
メキシコで最も有名な画家の1人で、特にイサム・ノグチやレフ・トロツキーとの不倫など、その奔放な恋愛遍歴は、メキシコやラテンアメリカの女性の理想像の1つとされ、何度か映画化されている。メキシコ共産党員でもあり、居室にヨシフ・スターリンの肖像を掲げて暮らしていた。




DVDの「フリーダ」というフリーダ・カーロの人生が描かれた映画を見ました。





ロンドンの某芸大の授業でフリーダについてディスカッションをする授業がありました。私は当時フリーダの事を全然知らなくて、とても困りました。そしてこの映画を見て、フリーダのバックボーンを知ったのです。昨日紹介したウディ・アレン監督が描いた1920年代が舞台のお話。まさにゴールデン・エイジにフリーダは活躍をして、実際にフランスのシュルレアリスト達に彼女は認められます。作品のおどろおどろしさは私個人では好みではないですが、フリーダの背景を知るとこの作品であった理由もみえてくるのです。



img_1495464_56680345_1.jpeg


fr2.jpg


img_1147069_25306318_4.jpeg
非常に癖がありますよね。メキシカンらしい明るい色使いよりも暗さが目にとても焼き付きます。


fridaaaa.jpg



映画ではとてもアクの強い女性として描かれたフリーダさん。やはり、メキシカンだけあってラテンの強さを持っていたことは確実だし、何よりスゴイと思ったのが、20年代にしてバイセクシャルであったこと、トロツキー、イサムノグチと不倫をしていたことに驚きを隠せませんでした。英雄色を好むはこの場合フリーダにもあてはまりそうです。いや、一説には夫の浮気も原因ではあるから一概にはいえませんが。。。



人気ブログランキングに参加しております。下記リンクをポチッと1回クリックして頂けますと励みになります。→ 人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック
人気ブログランキングへ

トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【フリーダ・カーロを サーチ!サーチ!サーチ!】

マグダレーナ・カルメン・フリーダ・カーロ・イ・カルデロン(Magdalena Carmen Frida Kahlo y Calderón、1907年7月6日 - 1954年7月13日)は、メキシコの画家。コヨアカンの出身。ドイツ系ユダヤ人[1]

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント:

カレンダー
ランキング
カウンター
プロフィール

search

Author:search
サーチです。
サブカルチャーに憧れた思春期を過ごし、ロンドンの某芸術大学の門をたたく。その後、メジャーとサブカルの両方をこよなく愛するように。世界中のアート、音楽、ファッションをちょっぴりサブカルの視点から紹介します。アートは若葉マークにつきご注意下さい。

ブクログ始めました(私の本棚)↓
http://booklog.jp/users/search123

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。