スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バスキアを サーチ!サーチ!サーチ!

basquiat.jpg

ジャン=ミシェル・バスキア(Jean-Michel Basquiat、1960年12月22日 - 1988年8月12日)はニューヨーク市ブルックリンで生まれたアメリカの画家。グラフィティ・アートをモチーフにした作品で知られるが、グラフィティとの関係はあまりない。苗字の発音はフランス語の名前なので本来は語尾の t は発音されないが、地元のニューヨークではそのまま英語発音でバスキアットと呼ばれることがある。ハイチ系アメリカ人。

プエルトリコ系移民の母親と、ハイチ系移民の父親の間に生まれ、幼い頃から絵を描き、芸術的な活動をするように母親から奨励されていた。17歳の頃から地下鉄、スラム街地区の壁などにスプレーペインティングを始める。活動を続けるうちに高校を中退したバスキアは、Tシャツやポストカードを売りながら生計を立てていた。徐々に彼の描いたスプレーペインティングは評価され、キース・ヘリング、バーバラ・クルーガーの助力でニューヨークで個展を開くようになった。また、絵の中に描かれる王冠は彼のトレードマークとなっている。一時結成していたノイズバンド「GRAY」の名は交通事故のさい母親が病室に持ち込んだ本が由来している。
1983年にはアンディ・ウォーホールと知り合い、作品を共同制作するようにもなる。1987年のウォーホールの死まで2人の互いに刺激しあう関係は続いたが、バスキアは徐々にヘロインなどの薬物依存症に陥り、妄想癖が見られるようになった。
1988年、薬物依存により27歳で死去。





ジュリアン・シュナーベルが監督した「バスキア」は高校生の頃に既に見ていたのですが、ドキュメンタリーの「バスキアのすべて」はDVDで今回初めてみました。



アンディ・ウォーホール×バスキア
basquiat1.jpg


Andy Warhol and Jean-Michel Basquiat


モナリザなコンテキスト↓
777_20120307023737.jpg


これは意識していないかもしれませんが、具体美術教会の会長「吉原治良」の作品とイメージが一緒です。
basquiat_gallery_20.jpg



バスキアが売れる理由には正当性があります。それは彼が現代アートの文脈に正統に乗っ取った作品を作り続けていたからです。彼の作品は元になるインスパイアされた過去の美術作品を下敷きにして彼の出自でもあるアフリカンアートのテイストが加わります。

若いアーティストの苦悩はわかることはないけれど、私が憧れた80年代を駆け抜けた彼をとても羨ましく思います。みんなファクトリーに出入りしたくて、ヴェルベッド・アンダーグラウンドのみならず、最近読んだ本で知ったのが、あの建築家のレム・コールハース」もファクトリーにいたそうです。バスキアはその中でもお気に入り中のお気に入り。


300px-Untitled_acrylic_and_mixed_media_on_canvas_by_--Jean-Michel_Basquiat--,_1984


ドラッグで身を滅ぼすなんてバカげているし、ドラッグはほどほどにすればいいのにといつも思います。そしてバスキアも27歳で死去した。みんな27歳の悪魔に飲まれ過ぎです。

詳しくはこちらの記事へ。

ブライアン・ジョーンズ、ジミ・ヘンドリックス、ジャニス・ジョップリン、ジム・モリソン、カート・コバーン、最近ではエイミー・ワインハウスが仲間入りしました。バスキアも例に漏れず。。。


20111118_basquiat_01.jpg
というわけで、バスキアのDVD紹介でした。ジュリアン・シュナーベルのバスキアでは、デイビッド・ボウイのアンディ・ウォーホールが似ていてよかったです。そちらもおすすめ。




人気ブログランキングに参加しております。下記リンクをポチッと1回クリックして頂けますと励みになります。→ 人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック
人気ブログランキングへ

トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【バスキアを サーチ!サーチ!サーチ!】

ジャン=ミシェル・バスキア(Jean-Michel Basquiat、1960年12月22日 - 1988年8月12日)はニューヨーク市ブルックリンで生まれたアメリカの画家。グラフィティ・アートをモチーフにした作品で知

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント:

カレンダー
ランキング
カウンター
プロフィール

search

Author:search
サーチです。
サブカルチャーに憧れた思春期を過ごし、ロンドンの某芸術大学の門をたたく。その後、メジャーとサブカルの両方をこよなく愛するように。世界中のアート、音楽、ファッションをちょっぴりサブカルの視点から紹介します。アートは若葉マークにつきご注意下さい。

ブクログ始めました(私の本棚)↓
http://booklog.jp/users/search123

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。