スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノイズミュージックを サーチ!サーチ!サーチ!

ファッションショーの記事ばかりだったので、音楽の話をします。


洗練されたノイズ音楽にずっと夢中です。
ノイズ音楽はアートであり、自然音にかなり近いです。
それは勿論、音楽家さんによる聞き手に感じさせる気持ちの良い周波数をディレクションしているからでもあります。

私がノイズ音楽を聞き始めたきっかけはシューゲイザーを手当たり次第あさって、聞くものがなくなって、轟音から行き着いた果てとしてノイズを聞くようになりました。勿論、今ではどちらも聞いています。


今回紹介する方達は非常に有名な音楽家さんばかりです。
私が下記で紹介しているのは音響系ノイズになりますので、広義の意味ではノイズを全て紹介しきれていません。その辺りはご了承ください。そして、今回は日本人のみにしぼりますね。この方達の音楽は聞きやすいので、ポップな音楽に慣れている人なら、すぐに耳に馴染むと思います。


刀根康尚さん


池田亮司さん


渋谷 慶一郎さん



秋田昌美さん/この時は with 石橋英子さん



ノイズ音楽も細分化されています。私はあまり人の気配のするノイズ音楽はハマりませんでした。灰野敬二さんのライブへ行きましたが、私のタイプではなかったです。嫌いではないのですけど。。。


こんな映画もありました。
'We Don't Care About Music Anyway...'



こちらの映画には私が2000年代前半に最もハマったレーベルRevirthのNUMB さんも出演しています。



NUMBまでくるとオウテカやIDMの紹介をしなければいけなくなるので、その話はまた別の機会に。ちなみに私が今日紹介した音楽はIDMよりだと思います。



今回の記事は参考になりましたか?もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。
→ 人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック

人気ブログランキングへ

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント:

カレンダー
ランキング
カウンター
プロフィール

search

Author:search
サーチです。
サブカルチャーに憧れた思春期を過ごし、ロンドンの某芸術大学の門をたたく。その後、メジャーとサブカルの両方をこよなく愛するように。世界中のアート、音楽、ファッションをちょっぴりサブカルの視点から紹介します。アートは若葉マークにつきご注意下さい。

ブクログ始めました(私の本棚)↓
http://booklog.jp/users/search123

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。