スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Josiah McElhenyを サーチ!サーチ!サーチ!

The Past Was A Mirage I Had Left Far Behind




同じくWhitechapel Galleryで展示されていたのが、Josian McElhenyの展示。四方八方にミラーボードが置かれ、プロジェクターで映像を写しこむ。アブストラクトな何種類にも変化していく色の洪水はとても美しかった。


実はこういった映像表現は10年前から沢山経験している。当時、RAINBOW2000以降トランスミュージックが全盛期だった頃に、私も山へ行ったり、新宿のリキッドルームのTOKIO DROMEに毎回参戦していたので、格好いいVJ表現を生で音楽と一緒に体験しているのだった。M.M.DelightやEYEdentifyが凄く格好よくて、映像を見て溶けるんだということがわかった。


こういう表現のVJ↓



このジャンルの一番の名作PVはなんといってもShopongleのDMT↓ 段違いのレベル。



十代の時にこういうイベントに沢山行っていたせいで、映像の見方が変わってしまった。今回のJosian McElhenyの展示もとても格好いいはずなのに、どこかで新しくないかもしれないな、これは。と思う自分がいたのも事実だ。


7a09fdfb84195858b2e819fb5fcc65b9_0.jpg



Josiah_McElheny_Whitechapel.jpg



Josiah_McElheny.jpg



ゲルハルド・リヒターのアブストラクト・ペインティングのような色の洪水は綺麗だし、四方八方を映像に囲まれて、自分がそれと一体化する無に陥るような境地を味わえる瞬間がある、というようなことを言いたいんだけれど、2011年にこれを体験するということは、私の中で既視感があった。経験って時に厄介なものになるんだということがわかる。しかし、こういう展示体験が初めての人ならとても楽しめると思う。体中に色を浴びることができるから。



284436740_640.jpg
Josiah McElheny (born in 1966, United States) is an artist and sculptor, primarily known for his work with glass blowing and assemblages of glass and mirrored glassed objects (see glass art). He is a 2006 recipient of the MacArthur Fellows Program "genius grant". He currently lives and works in New York.
He has exhibited his work at national and international venues including the Museum of Modern Art, Orchard, and Andrea Rosen Gallery in New York, Donald Young Gallery in Chicago, Institut im Glaspavillon in Berlin, the Moderna Museet in Stockholm, White Cube in London, and the Museo Nacional Centro de Arte Reina Sofía in Madrid.




人気ブログランキングに参加しております。下記リンクをポチッと1回クリックして頂けますと励みになります。→ 人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック
人気ブログランキングへ

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント:

カレンダー
ランキング
カウンター
プロフィール

search

Author:search
サーチです。
サブカルチャーに憧れた思春期を過ごし、ロンドンの某芸術大学の門をたたく。その後、メジャーとサブカルの両方をこよなく愛するように。世界中のアート、音楽、ファッションをちょっぴりサブカルの視点から紹介します。アートは若葉マークにつきご注意下さい。

ブクログ始めました(私の本棚)↓
http://booklog.jp/users/search123

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。