スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BLESSを サーチ!サーチ!サーチ!

ドイツのアーティストが好きだと昨日話した理由は他にもある。
それはファッションブランド「BLESS」の存在だ。





このエキシビジョンは、ファッションショーであるはずなのに、モデルは実は給仕人という仕掛けになっている。この時のBLESSの狙いは忙しいファッションウィークにBLESSのショーではご飯をちゃんと食べてもらい元気を出してほしいといったユニークな発想からきている。


いくつか洋服をランダムにピックアップ。

blessaw1116.jpg


bless.jpg



bless-usb-cable-with-fur.jpg


bless_eprfect_verything_8.jpg



mojofururu-img600x450-12302820331iu1tw15454.jpg



blessaw110-thumb-685xauto.jpg



変形の服が多いし、ボリュームのある洋服の着こなしは難しいと思うかもしれないけれど、アイテムの大半はノーブルな色合いが多いので落ち着いたイメージがあると思う。たまにある凄く奇抜な服(例えば、ここで取り上げた絨毯と服が一体化しているもの)は、ご愛嬌だ。実際にそれを試着したことがあるけれど、着れなくはない。以外としっくり体になじんだ。ただ、着ていく場所がないのがキズ(笑) そして、彼女達のショーではモデルは一般人を使うので、私たちが着用するイメージが掴みやすい。


コム・デ・ギャルソン〜マルタン・マルジェラ以降のアートマインドを服に落としこんだブランドとして長く続いているBLESSがとても好きだ。cosmic wonderも同じタイプだけれど、BLESSの方が個人的には好き。BLESSがあったから、先日紹介したJANFAMILYのMARKIN YAN MAがいたはずだし、オーストリアのfabrics interseasonが生まれたと解釈している。


このブランドを高校生の時に知ったおかげで、アートと日常の関係性に興味を持つきっかけになった。




blesslogo.jpg

ブレス(BLESS)は、1996年、デジレー・ハイスとイネス・カーグが設立。ブレス(BLESS)は、デジレー・ハイスとイネス・カーグが設立したデザインチーム。ドイツのベルリンから活動をスタートし、現在はベルリンとパリを拠点としている。

デジレー・ハイス(Desiree Heiss)は1971年生まれ。イネス・カーグ(Ines Kaag)は1970年生まれ。ともに大学ではファッションを学ぶ。93年の在学中に出会い、意気投合。95年からデザイン活動を共にする。

最初のデザインは95年にポスターを制作したもので、その後、96年にi-D magazineの広告を制作。これが「N°00」とされブレスとしての最初のクリエーションとなっている。97年、企業としてブレスを設立。

コンセプチュアルな要素が強く、アイデアを出していくことにに多くの時間を費やす。最新のものを作り出していくというよりは、入念なリサーチのもと、過去のマテリアルを使用し、価値を生み出していく。そのプロダクトには「N°00」「N°05」などのナンバーが付けられる。オリジナルのコレクションも手がけ、衣服、アクセサリーなどのコレクションを発表する一方、プロジェクト活動を積極的に行なう。

過去、リーバイス、マルタン マルジェラ、コスタス ムルクディス、ZUCCa(ズッカ)など、ファッションブランドや企業のデザインプロジェクトを多数手がけている。日本にてホテルクラスカのプロジェクトを手がけた。

2006年、BLESSの活動10周年を記念して書籍、「BLESS BOOK」を発表。その予約販売会として、カバン・ド・ズッカ南青山店内で展示会が開催された。ズッカとは過去に展示会など多くのコラボレーションを行なっている。






人気ブログランキングに参加しております。下記リンクをポチッと1回クリックして頂けますと励みになります。→ 人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック
人気ブログランキングへ

トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【BLESSを サーチ!サーチ!サーチ!】

ドイツのアーティストが好きだと昨日話した理由は他にもある。それはファッションブランド「BLESS」の存在だ。このエキシビジョンは、ファッションショーであるはずなのに、モデルは

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント:

カレンダー
ランキング
カウンター
プロフィール

search

Author:search
サーチです。
サブカルチャーに憧れた思春期を過ごし、ロンドンの某芸術大学の門をたたく。その後、メジャーとサブカルの両方をこよなく愛するように。世界中のアート、音楽、ファッションをちょっぴりサブカルの視点から紹介します。アートは若葉マークにつきご注意下さい。

ブクログ始めました(私の本棚)↓
http://booklog.jp/users/search123

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。