スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタジオ・ムンバイ展@ギャラリー間を サーチ!サーチ!サーチ!

DSC_0738.jpg


乃木坂駅前にあるTOTO内のギャラリー間で開かれていた展示はインドのスタジオ・ムンバイ展でした。彼らチームのギャラリーの雰囲気が再現されている展示は、見に行った日の夏の日差しが相まって、このギャラリー空間がインドのようにさえ感じてくる部分がありました。


DSC_0744.jpg


インド建築界を代表する建築家、ビジョイ・ジェイン氏率いるスタジオ・ムンバイ。多種多様な技能者が集うワークショップから生まれる、インドの原風景の息づく作品を紹介。

 インドの大学で一人の教授=師<グル>に教えを受ける伝統的な教育方法で建築を学んだジェイン氏は、アメリカに渡って欧米式の建築理論を学びアメリカとイギリスで実務経験を積んだ後、出身地のムンバイにてスタジオ・ムンバイを設立、建築活動を開始しました。以来、インドに代々伝わる伝統的な技能を用い、文化風土を取り込みながら、豊かな質感と空間性をもった作品をつくり続けています。
 

スタジオ・ムンバイの活動の特徴は、敷地の造成から設計、施工といった一連の工程すべてを、建築家と熟練工からなる人的ネットワークにより、手作業で行なうことにあります。スタジオ・ムンバイのワークショップでは、インド各地出身の有能な職人たち(大工、石工、鉄工、金工、井戸掘り工など)約120名が住み込みで働き、ジェイン氏の指導の下、地勢や気候を読み、井戸を掘って水源を確保し、地元由来の素材とそれに適した工法を用いて建築をつくっています。
先祖代々口伝によって伝わる伝統技能を受け継いだ職人たちの確かな技術力は、乾期の猛暑と雨期のモンスーンという厳しい気候条件に耐え得る建物には不可欠なものです。
 彼らの知恵と技能を充分に活かしつつジェイン氏の深い思索に導かれて生まれた建築は、その地での快適な生活を約束しつつ、風景と調和した豊かな詩情を湛えています。
さらに、ジェイン氏は職人たちにスケッチブックを与え、ドローイングの描き方を教えています。教育を受けられず文字も書けない職工たちが、日々の作業と並行して建築を「設計する」ことを学んでいきます。彼は、スタジオ・ムンバイを率いる建築家であるとともに、異能集団をまとめる指揮者であり、彼らの才能にドライブをかける名監督であり、さらに建築を通した教育者でもあるのです。

 ジェイン氏は、世界各地の研究者・建築家たちと交流をしながら最新の知識や思想を吸収し、インド各都市でのリサーチによってインドの現在をとらえ、常に職人やパートナーたちと対話を交わし続けることによって、多種多様な才能や技術を正しい方向に導き、思想の裏づけをもった確かな建築作品へと昇華させています。

本展覧会のタイトルである<Praxis(プラクシス:実践、自然や社会に対する人間の働きかけ。抽象的な「理論」に対応する言葉として用いられる>とは、「Idea(理念)からPractice(実行)にいたるまでのすべての道程」だと、ジェイン氏は語ります。建築をつくりたいという意思をもつすべての人に門戸を開いたオープンなコミュニティの中で、さまざまなアイデアや実践を行きつ戻りつしながら最適なゴールを見出していく、スタジオ・ムンバイの存在と活動そのものをあらわす言葉です。


 本展覧会では、スタジオ・ムンバイで建築を検証するために実際に使われている素材、模型、スケッチ、モックアップなどをムンバイから移送し、東京という環境のなかで再構築した「Studio Mumbai in Tokyo」を提示します。スタジオ・ムンバイの空気、光、音を五感から感じ取り、ジェイン氏が実現している世界を体感していただくとともに、Praxisの道程をドキュメントします。  TOTOギャラリー・間




こちらの動画はスタジオ・ムンバイが制作したPalmyra House。展示にも図面などが紹介されてました。



木材の美しさがよく現れている建築物です。インドという場所とこの木材の建物のマッチがとても合うんです。日本の木材建築と雰囲気が違うのは場所・雰囲気に間違いないのでしょうが、それだけじゃない気がします。インドの人がデザインした木材を中心に使ったモダニズム建築という部分がなんだか、これ新しいような懐かしいような雰囲気を持っていると思ったのです。きっと、これも建築における文脈なのかもしれません。インド人建築家が作る近代主義建築+木造建築+α。建築は時として、アートの延長上にあると思います。ですので、当然、建築にもアートのように作品に対してコンテキストを持つといったことがあるでしょう。


展示風景をご覧下さい↓
DSC_0740.jpg


DSC_0739.jpg


DSC_0742.jpg


DSC_0741.jpg




ムンバイportrait

1965年、インド・ムンバイに生まれる。90年アメリカ、セントルイスのワシントン大学で修士号を取得。89年からロサンゼルスとロンドンで実務経験を積んだ後、95年に帰国し、出身地ムンバイにてスタジオ・ムンバイを設立。スタジオ・ムンバイは、熟練職人と建築家からなる人的ネットワークにより設計・施工を一貫して行なっている。
ヴィクトリア・アンド・アルバート美術館(2010)をはじめ、「ワーク・プレイス」で特別賞を受賞した第12回ヴェネチア・ビエンナーレ(2010)に出展。作品はアルヴァ・アールト・シンポジウムやニューヨーク建築連盟などで紹介されるほか、2010年度アガ・カーン賞の最終選考にも残った。フランス建築協会(IFA)の世界サステイナブル建築賞(2009)、ならびに香港デザインセンターのアジア・デザイン賞(2009)を受賞。


スタジオ・ムンバイチームのお仕事の様子↓




人気ブログランキングに参加しております。下記リンクをポチッと1回クリックして頂けますと励みになります。→ 人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック
人気ブログランキングへ

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント:

カレンダー
ランキング
カウンター
プロフィール

search

Author:search
サーチです。
サブカルチャーに憧れた思春期を過ごし、ロンドンの某芸術大学の門をたたく。その後、メジャーとサブカルの両方をこよなく愛するように。世界中のアート、音楽、ファッションをちょっぴりサブカルの視点から紹介します。アートは若葉マークにつきご注意下さい。

ブクログ始めました(私の本棚)↓
http://booklog.jp/users/search123

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。