スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「具体」-ニッポンの前衛 18年の軌跡 を サーチ!サーチ!サーチ!1

昨日紹介した国立新美術館で私が見に行った展覧会は「GUTAI」の展示でした。

DSC_0655.jpg


具体美術協会(「具体」)は、1954年、関西の抽象美術の先駆者・吉原治良をリーダーに、阪神地域在住の若い美術家たちで結成された前衛美術グループです(1972年解散)。グループ名は、「われわれの精神が自由であるという証を具体的に提示したい」という思いをあらわしています。
「具体」は、「これまでになかったものを作れ」という吉原の厳しい指示と、公園や舞台、空中を使う展覧会など吉原が繰り出す企画に刺激され、奇想天外な発想でユニークな作品を次々と生み出しました。それらは当時、国内ではほとんど注目されませんでしたが、海外で高い評価を受け、"GUTAI"の名は1950年代後半から欧米の美術界で広く知られるようになりました。
解散後も、ヨーロッパの美術館では「具体」の回顧展が何度も企画されています。しかし、日本では、1980年代になって再評価が進み、関西を中心に回顧展が開かれてきたものの、残念ながら東京ではこれまで、その18年間の活動の全容を振り返る場は一度もありませんでした。本展は、その初めての機会となります。
「具体」が駆け抜けた1950―60年代は、日本が敗戦から立ち直り、右肩上がりの経済成長により奇跡的な復興を遂げた時代でもありました。本展では、そんな時代を象徴するかのようなチャレンジ精神、創造的なエネルギーあふれる作品、約150点(予定)を一堂にご紹介します。




GUTAIグループは、日本の現代美術を語る上では外せないグループです。それを一気にまとめて見ることができるこの展覧会は私にとって、とても楽しみしていた企画展でした。その中で今日は私がこのグループで好きな作家 - 金山明さんの作品を紹介します。ちなみに金山さんは以前、紹介した田中敦子さんの夫でもあります。

珍しく長い文章になるのですが、気楽に読んでみてください。金山さんの作品は以前、東京都現代美術館の常設展で見てから気になっていて、それ以後、色々調べました。そうしたことを踏まえて読んで頂けると幸いです。



f4c359acb26773c952fcc6e0650b0774.jpg


金山明さんの『作品』(1957)は無機質な線の羅列によって作られたものです。私が初めてこの作品を見た時の印象は、オールオーヴァーで線を書き殴っただけの作品なのかと感じました。まるで、ジャクソン・ポロックの真似事なのではないかとも。しかし、金山さんのこの作品における制作の仕方を知って、改めて作品に向き合うと自意識が揺さぶられました。具体美術協会創設者の吉原治良さんによる言葉「人の真似をするな」が思い出されるのです。


ここで金山さんの作品の解釈をするために、キュレーターの長谷川祐子の言葉を引用します。「二十世紀初期のアートの革新は幾何学的抽象で始まった。見えるままに世界を表すのでなく別の秩序に翻訳する。幾何学は自然にはない、人工的な形態である。それはいままでとはまったく異なる世界を構築するという革命の精神を反映していた」


この文章より、金山氏のこの作品は二十世紀における絵画においての正当性を示していたと思いました。この作品はこの文章に忠実な幾何学的抽象を受け継ぎ、見えるままの世界以上の別の秩序を示しています。

1950年代のアートにおいて幾何学的抽象表現形態はアートシーンの一端を担っていました。アメリカの美術批評家であるクレメント・グリーンバーグがジャクソン・ポロックやウィレム・デ・クーニングらを評価し、アメリカの現代アートをハイ・アートに置き換えた抽象絵画運動と具体美術協会の作家達が描いていた絵画は共振していたし、とてもよく似ていましたし、同時代性を感じざるを得なかったからです。

金山さんのこの作品は紛れもない抽象絵画です。無意味で無作為のように見える線の羅列は、ポロックの絵画と似ていた。ポロックのブラック・ポーリングは1950年代後半から行っていた表現形態で、この金山さんの作品と制作時期がほぼ一緒でした。ポロックは具体美術協会会員が制作していた広報誌「具体」の2号、3号を所持していたそうです。金山さんはポロックらの抽象絵画運動に影響を受け(それは金山氏の作品『絵画(1959)』にも色使いやカンヴァスの構成に影響が見てとれる)、ポロックも何かしら具体の画家達に影響を受けたことは間違いないでしょう。


しかし、金山さんがポロックらの作品と決定的に違ったことが1つあります。それはこれらの作品を絵筆ではなく、絵具を滴らせて走るリモコンカーを使って絵画を制作したことです。それこそが幾何学的抽象が、人工的な形態によってもたらされたものであることを意味しているのではないでしょうか。



このオールオーヴァーな作品は一見しただけでは機械によって得られたかはわからないでしょう。幼児が描いたかのような無垢な線の羅列は、鑑賞者にこの作品の捕らえ所を考えさせようとします。そして、鑑賞者は、この作品の制作方法を知ることで、金山さんがこの作品で得た「自由な線」の獲得・それを機械で行った創造の豊かさ関心をすることになります。鑑賞者はジャクソン・ポロックというアーティストの絵画作品を踏まえてから、この作品に対峙することで、金山さんがポロック以降のオールオーヴァーの限界を切り開いたと気付かされます。この作品で金山さんは機械によるアクション・ペインティングで、ポロックのアートを拡張させたのではないでしょうか。個人の表現領域に無機質な機械を持ち込む試みは美術史に大きな足跡を残したと私は確信しました。


2-O-60.jpg


その足跡の1つとして、2004年に作られた小沢剛さんによる『醤油画(金山明)』が挙げられます。兵庫県立美術館が収蔵しているこの作品は金山明の『作品(1957)』をオマージュしたものになっています。
小沢さんは金山さんが使用したカンヴァスのメーカーや品番、木枠の仕様を可能な限り同素材にし、金山本人に会い、リモコンカーのインタビューを行って、醤油をリモコンカーに乗せドリッピングさせて描き、作品を作りあげました。この小沢さんの醤油画を通じて、金山さんの仕事の重要性が結果的に浮かび上がることになったのではないでしょうか。金山さんはこのように後年の画家にも大きな影響を与えました。


金山さんは現代アートのコンテキストの重要性を早くから理解していたと私は思います。村上隆氏が著作『芸術闘争論』で語っていたように、現代アートが外国で正しく評価されるには海外のアートの文脈を知らなくてはなりません。その点において、金山さんのこの作品にはそれらをしっかりと飲み込んでいます。
上述したように、金山氏の『作品(1957年)』はアメリカで起こったハイ・アートと連動していながら、機械によって制作したことでそのアートを拡張させました。そして、後年、白いカンヴァスの作品を発表して(それは結果的に創設者吉原さんに作品の発表を止められてしまったのですが)、コンセプチュアル・アートとミニマル・アートを飲み込もうとしたことが挙げられます。だからこそ、具体美術協会会員時に、フランスの美術評論家ミシェル・タピエにも評価され、彼の作品は海外にも渡ることができたのではないのでしょうか。


金山氏の作品に一貫して窺えるのは「見えないもの」への関心と、個人的、身体的要素を極力排し、作品の自立性を保持しようとする姿勢です。絵画の内的エネルギーを解放し、新しい意味付けを行いました。これらの活動は日本の現代美術において特筆すべきことで、誰よりも具体美術協会の意志を示してきたと思います。金山さんの作品にはこんな魅力が詰まっていました。

きっと、私たちが見ている多くのアートも1点1点、色々な思いや文脈もあるのでしょう。それに気付くことができるように、これからも楽しんで色々な作品を鑑賞したいと思います。


120704gutai17-500x317.jpg



人気ブログランキングに参加しております。下記リンクをポチッと1回クリックして頂けますと励みになります。→ 人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック
人気ブログランキングへ

コメント:

参考になります

はじめまして。
美術門外漢のものです(笑)。
今日、「具体」展に行ってきました。
やはりポロックを思い起こさずにはいられませんでした。
「抽象」って面白いですね。

No title

>relaxさん
コメントありがとうございました。
「具体」展みると、春に見たばかりのポロックを思い出せますよね。きっと彼らの会期が近いのも美術館側の策略なのではないかと勘ぐってしまいました。僕も美術は専門じゃなくて、趣味です。

コメントの投稿


非公開コメント:

カレンダー
ランキング
カウンター
プロフィール

search

Author:search
サーチです。
サブカルチャーに憧れた思春期を過ごし、ロンドンの某芸術大学の門をたたく。その後、メジャーとサブカルの両方をこよなく愛するように。世界中のアート、音楽、ファッションをちょっぴりサブカルの視点から紹介します。アートは若葉マークにつきご注意下さい。

ブクログ始めました(私の本棚)↓
http://booklog.jp/users/search123

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。