スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FUTURE BEAUTY - 日本ファッションの未来性 - を サーチ!サーチ!サーチ!④

デザイナーはどんなことを考えて洋服を作るんだろう?そもそも人が何かをデザインしたいと思う動機ってなんなんだろう?そんな根源的なことをこのFUTURE BEAUTY展の展示を見ながら考えていました。


SOMARTAというブランドが現代美術館の1Fに車のsmartとコラボレーションした展示を行っていました。
DSC_0961.jpg


鳥をテーマに発表されたソマルタの2012年春夏コレクション。ボディ形状に沿う色鮮やかなグラフィックは、ドアを翼に見立てた伝説の鳥"サンダーバード"をイメージしている。時代や環境に合わせて常に進化していく鳥と"smart fortwo"を重ね合わせ、未来に向けて発進する生命の乗り物がデザインされた。地球と人により添う未来の車へのオマージュ作品となっている。デザインについて、ソマルタデザイナーの廣川玉枝は「smartはコンパクトでクオリティの高い車です。そのようなことを考えたとき、デザインとして2012年春夏コレクションのデザインが合うだろうなと思いました」と語る。


とのこと。世の中には痛車がここ何年かでも流行ですが、ファッション業界では車とコラボレーションすることが流行(にしたいのかな?)になっているようです。それを現しているのが、今年2月にパリで見てきたコチラ のショーです。こちらもCUNNINGTON&SANDERSONという新人デザイナーがランドローバーとコラボレーションしました。


DSC_0954.jpg


車の需要って、日本においては減ってきています。少子化だし、そもそも車は世の中に行き渡りすぎてしまっているので、何をデザインして格好いいものを作っても飽和状態すぎて売れるわけがない。普及しすぎなものを売るというのは難しいですもんね。そんな中ファッションデザイナーが車を洋服のように着せ替えるかのようなプリントを施すというのは、いい提案なのかもしれません。実際、客観的に見てこのようなプリントの車ってグラフィック的に見たら格好いいし。3年ぐらい乗って、飽きたら買い替えみたいなことさえすんなりできれば、買ってもいいかな~なんて思います。まあ、派手なデザインは飽きが早いので、こういったものが中々世の中に出ないのもわかるといえばわかるのですが。。。


DSC_0951.jpg


DSC_0952.jpg


こういった服って、とっても素敵だし格好いいんですが、こういったプリントの服を着ていく場所を自分で作っていかないと、周囲から浮いてしまうという罠もありますよね。ファッション関係のパーティーやコレクション会場だけじゃなくて、こういう服を着こなす場って、いつがあるんだろう?派手な服がとても好きなんですが、そういった服の需要が世の中から見て少ないのはそういう場が少ないからなんでしょうね。クラブに着ていくぐらいしか思い浮かばないもの。。。


DSC_0953.jpg



SOMARTA - 廣川玉枝(Tamae Hirokawa)は1976年神奈川生まれ。文化服装学院アパレルデザイン化に入学。98年、卒業後、イッセイ ミヤケに入社し、8年間ニットデザイナーとして働く。

2006年、独立してソマデザイン(SOMA DESIGN)社、ファッションブランドの「ソマルタ(SOMARTA)」を立ち上げる。

※ソマデザインは、ソマルタのショープロダクションを行うデザイン集団という位置付け。ファッション、プロダクト、サウンド、グラフィックなど、幅広い分野で活動を展開している。ソマルタのファッションショーはその演出で注目を集めているが、そこで使用される音楽や映像はソマデザインにて制作されている。

特徴はイッセイ ミヤケで8年間経験をつんだニット。無縫製、加工などのさまざまなニットをベースに、ファーやレース刺繍、鈴、クリスタルを装飾として使用、幻想的なイメージを作り出す。ソマルタの「フェミニンさ」あるいは「強さ」がある中に独特の「美しさ」を持つコレクションは、一際、新鮮。



人気ブログランキングに参加しております。下記リンクをポチッと1回クリックして頂けますと励みになります。→ 人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック
人気ブログランキングへ

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント:

カレンダー
ランキング
カウンター
プロフィール

search

Author:search
サーチです。
サブカルチャーに憧れた思春期を過ごし、ロンドンの某芸術大学の門をたたく。その後、メジャーとサブカルの両方をこよなく愛するように。世界中のアート、音楽、ファッションをちょっぴりサブカルの視点から紹介します。アートは若葉マークにつきご注意下さい。

ブクログ始めました(私の本棚)↓
http://booklog.jp/users/search123

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。