スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PHENOMENON 2013 S/Sを サーチ!サーチ!サーチ!

東京コレクションが佳境に入るところです。
パリ、ロンドン、ミラノはそれぞれ見るべきポイントがあって、各国の特色があり、とても楽しいのですが、東京コレクションの特色っていったい何があるでしょうか?実際、東京コレクションは世の中の話題にはなりませんが、東京ガールズコレクションは世の中の話題になります。狙っている層が違うので、それも当然かもしれませんが、東京ガールズコレクションに出るようなブランドの方が東京コレクションに出るブランドよりも、会社の規模が大きかったりして、日本の人々に消費をしっかりさせているのは、ガールズコレクションの方なんですよね、実際。

ファッション産業は結局、洋服を売ってナンボみたいなところがあるので、本当にここが難しいところなのですが、ガールズコレクションは実際、出演するモデル(モデルという名前のタレントさん含む)を見に行く地方の子(またはマスコミ/タレント業界に憧れる人達)がターゲットです。
一方、東京コレクションは一応、ファッション産業に属する人々に向けたショーを行っています。しかし、それはとても閉鎖的で、よくないと思っていて、この中間地点を狙ったのが1年前に行われたコンテポラリーフィックスの吉井さんが開いたVERSUS TOKYOだったのではないでしょうか。あの企画は一度きりで終わらせるのにはもったいない、東京の魅力が詰まったショーだと思います。


そんなVERSUS TOKYOにも出演していたPHENOMENONの今シーズンの映像をピックアップします。




PHENOMENONは現在キム・ジョーンズ的な方向性へと走っている気がする。そんな印象を受けました。



人気ブログランキングに参加しております。下記リンクをポチッと1回クリックして頂けますと励みになります。→ 人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック
人気ブログランキングへ

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント:

カレンダー
ランキング
カウンター
プロフィール

search

Author:search
サーチです。
サブカルチャーに憧れた思春期を過ごし、ロンドンの某芸術大学の門をたたく。その後、メジャーとサブカルの両方をこよなく愛するように。世界中のアート、音楽、ファッションをちょっぴりサブカルの視点から紹介します。アートは若葉マークにつきご注意下さい。

ブクログ始めました(私の本棚)↓
http://booklog.jp/users/search123

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。