スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高橋由一@京都市立美術館を サーチ!サーチ!サーチ!

結構前になるのですが、京都市立美術館で高橋由一の展覧会を見てきました。


120907takahashi.jpg

高橋 由一(たかはし ゆいち、文政11年2月5日(1828年3月20日) - 明治27年(1894年)7月6日)は江戸生まれの日本の洋画家。幼名は猪之助、のち佁之介。名は浩、字は剛。明治維新後に由一を名乗る。号は藍川、華陰逸人。居庵号は、石蒼波舎、伝神楼。
近世にも洋画や洋風画を試みた日本人画家は数多くいたが、由一は本格的な油絵技法を習得し江戸後末期から明治中頃まで活躍した、日本で最初の「洋画家」といわれる。



有名なのはこのシャケの絵です↓実際、生の絵で見るとシャケのリアルさが浮かび上がってきます。
191px-Sake-02_ph01.jpeg


11428756.jpg


hl_w01.jpg




いくつもある展示の中で一番好きだったのは<甲冑具>というこちらの絵でした↓
0511Takahashi.jpg

明治期に描かれた絵だそうで、この絵に秘められた思いは、武具としての凛々しい甲冑の側面だけではなく、明治という武士の時代が終わったことを示す<脱がれた甲冑>という寂しい思いも同居している絵でした。そう思うとどこか儚さが絵に宿っている気がしてきませんか?



人気ブログランキングに参加しております。下記リンクをポチッと1回クリックして頂けますと励みになります。→ 人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック
人気ブログランキングへ

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント:

カレンダー
ランキング
カウンター
プロフィール

search

Author:search
サーチです。
サブカルチャーに憧れた思春期を過ごし、ロンドンの某芸術大学の門をたたく。その後、メジャーとサブカルの両方をこよなく愛するように。世界中のアート、音楽、ファッションをちょっぴりサブカルの視点から紹介します。アートは若葉マークにつきご注意下さい。

ブクログ始めました(私の本棚)↓
http://booklog.jp/users/search123

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。