スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Vaughan Oliverを サーチ!サーチ!サーチ!

DUTCH MAGAZINEから繋がる退廃的なデザインで思い出すのが、音楽レーベル4ADのデザイナーをしていたVaughan Oliverです。


以前、少し取り上げたシューゲイザー ←というかこの記事はM83とラルクが基本ですが。 を語るのに外せないバンドの1つがコクトー・ツインズです。


Cocteau Twins - Sugar Hiccup



このコクトー・ツインズのアートワークを担当していたのが、ヴォーン・オリヴァー(Vaughan Oliver)です。

1957年、イングランド・セッジフィールドにて生まれたヴォーン・オリヴァーは、美術学校・Newcastle-upon-Tyne Polytechnicを卒業後、Benchmark and Michael Peters and Partnersというパッケージ・デザイン会社へ入社。ちょうどその頃、4AD主宰者であるアイヴォ・ワッツ=ラッセル(Ivo Watts Russell)と出会う。その後、写真家のナイジェル・グリーアソン(Nigel Grierson)と共に、23エンヴェロップを結成、レーベルのビジュアル面を一手に引き受けます。


私が通っていたロンドンの某芸大のパーティーで彼がSONIC BOOMとTHE WIREのメンバーと3人でパネルディスカッションをしました。正直言って、半分ぐらい何言ってるかわからなかったのですが、このような組み合わせをパーティーで提案する某芸大凄く目の付けどころがいいな、と感心したことを思い出します。


さて、そんなVaughan Oliverのアートワークを見ていきましょう。


まずは先程紹介したCocteau Twins。

cocteau-twins-head-over-heels.jpg


CocteauTwinsTreasure.jpg

コクトー・ツインズのスロウ・コアっぷりが好きすぎて、同時に好きになったのが、SLOWDIVEなんですが、彼らの話はまた別の機会に設ける予定です。



続いて、DAVID SILVIAN。

vaughan_oliver_gallery_1_6091.jpg


PIXESもご覧ください。

tumblr_lgqdoiM7Sf1qewqea.jpg


The Breedersです。

The_Breeders_Pod_large.jpg



個人的に好きだったUltra Vivid Scene。

Ultra-Vivid-Scene-Self-Titled.jpg


Ultra Vivid Scene - Mercy Seat




最後はLUSH。

lush-sweetnessandlight.jpg


Lush - Sweetness and Light


LUSHと言えばこの曲かSuperblast!が思い出されます。



というわけで、ヴォーン・オリヴァーのアートワークを紹介しました。
レーベルの音楽性によってデザインされたかもしれないのですが、一貫してダークな匂いのするジャケット達だな、と改めて見返して思うばかりです。各バンドとも非常に個性的で、この時代を生で経験してみたかったです。

マッチしていないグラフィックデザインは、そのミュージシャンのファンだとしても凄く嫌な気持ちになるし、思い入れも少なくなってきてしまうと思うのですが、Vaughan Oliverの手がけたデザインは先日行われたイギリスのVictoria & Albert MuseumのPOSTMODERNISM展でも展示されていました。美術展に展示されるクオリティなわけですから、外すわけにはいかないですね。

Vaughan Oliverは近年ではネオ・シューゲイザーの括りで人気のASOBI SEKSUのジャケットを手がけ変わらぬ格好よさをキープしています。



今回の記事は参考になりましたか?もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。→ 人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック
人気ブログランキングへ

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント:

カレンダー
ランキング
カウンター
プロフィール

search

Author:search
サーチです。
サブカルチャーに憧れた思春期を過ごし、ロンドンの某芸術大学の門をたたく。その後、メジャーとサブカルの両方をこよなく愛するように。世界中のアート、音楽、ファッションをちょっぴりサブカルの視点から紹介します。アートは若葉マークにつきご注意下さい。

ブクログ始めました(私の本棚)↓
http://booklog.jp/users/search123

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。