スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Claudine Douryを サーチ!サーチ!サーチ!

med_sasha_claudine-doury_agence-vu-copie-jpg.jpg
la galerie particuliere で行われているClaudine Doury のSashaという写真展を見てきました。


Claudine Doury (クロディーヌ・ドゥーリー)
1959年にフランス中央部、サントル地域圏の都市ブロワ (Blois) で生まれた。パリを拠点に活動しているの女性写真家。


私が今回見てきたのは「Sasha」というシリーズです。
展示された写真を抜粋↓


Sasha_08.jpg


Sasha_09.jpg


Sasha_10.jpg


Sasha_16.jpg



という作品がとても大きなプリントで並べられていました。抜粋した写真については好きなテイストです。
そして、これらの写真を見て思い浮かんだのが COSMIC WONDER Light Source というファッションブランドです。下記はCOSMICの世界観が全開の写真です↓


cosmic1.jpg
COSMIC WONDERは日本のブランドとは思えないアティテュードが好きです。これをやり続けて商売ができる事が凄い。



「Sasha」という作品はある意味非常に分かりやすい、森ガールではないのか?という一面も持っており、簡単に片付けてしまえるかもしれない。それまでな気もする面もあります。
よくある、十代の儚さ、センシティブ、終わらない日常の先にあるのはやっぱり終わり、若さは永遠じゃない、だから美しい、、、というような捉え方は単純だし、分かりやすく見る人に伝わりやすいです。写真の経験を積んで、ある程度世界観をコントロールできるようになったら、自分は年を取っていた。だから、若さに憧れたり、捉えられないものを撮りたい衝動に駆られる。といった動機からこのような作品になるのは分かる気もします(ここまであくまで私の妄想です。スミマセン)


今回私はClaudine Douryさんの作品を見て、抜粋した写真とこの並びで見せてくれていれば凄く好きなテイストなんですが、ここに取り上げていないエキシビジョンの写真の並び、全体像で見た時の感想がCOSMIC WONDERみたいだな、と思ってしまいました。そしてだからこそ、COSMIC WONDERの変わらぬ凄さをこの写真展から実感したのでした。



Claudine Doury ("Artek, un été en Crimée ",2004)

こちらは2004年の Artekという作品の動画です。
Claudine Doury - アルテック artek
ソビエト連邦時代のロシアでは、ボーイスカウト運動をソビエトロシア流にアレンジしたピオネールと呼ばれる少年団組織が作られた。
アルテックは、ウクライナのクリミア半島、チェーホフのダーチャ(別荘)がありリゾート地として有名なグルズフGurzufの黒海沿岸に設置されたピオネールの宿泊施設である。
当初は80人を収容する規模だったが後に急速に拡張され、150の建物、3つの医院、学校、映画撮影所が併設され巨大な規模のものへと発展した。毎年三万人程の少年少女が休暇を過ごしたという。ソビエトでは、同じく黒海の東岸のオリョーノクOrlyonokなど、他にもいくつもこうした大規模な青少年キャンプが設置運営されていた。
これらの一連の写真は、アルテックで集団生活中の少年少女たちの様子をClaudine Douryが撮影したもの。




今回の記事は参考になりましたか?もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。→ 人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック
人気ブログランキングへ

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント:

カレンダー
ランキング
カウンター
プロフィール

search

Author:search
サーチです。
サブカルチャーに憧れた思春期を過ごし、ロンドンの某芸術大学の門をたたく。その後、メジャーとサブカルの両方をこよなく愛するように。世界中のアート、音楽、ファッションをちょっぴりサブカルの視点から紹介します。アートは若葉マークにつきご注意下さい。

ブクログ始めました(私の本棚)↓
http://booklog.jp/users/search123

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。