スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パリファッションウィーク A/W 2013-14を サーチ!サーチ!サーチ!

このブログを始めたのが去年の2月頃にパリで始めました。そして、今またパリにいてブログを書いています。なんだか不思議な気分です。また、パリコレを見に来てみました。



----

パリコレの魅力はモードに浸るということだけではなく、それに付随するものに着目すると、面白いなと思っています。



<個人的なパリコレの魅力>


①偶然の出会い
*昨日、私の隣に座った人はベルギーのジャーナリストの方で、アントニー・ヴァカレロがベルギーだった事から、ベルギーのファッションデザイナーについて、どう思うかを聞かれ、ベルギー出身デザイナーのファッションが日本において、どんな影響を与えているのかを伝えました。


P1030969.jpg



②ショー会場
実はここの魅力って、相当あると思います。普段の自分では、宿泊できないようなホテルに立ち入ることができ、そのホテルの豪華絢爛さを体感することができる。などなど。


P1030937.jpg



③音楽との関連性
重要性などについての考察は、菊地さんのこちらを↓お読み下さい。
(しかし、ショーに来ている人はそれほど音楽に注目している人が少ないのではないかという危惧も・・・)


41Cz.jpg



④世界中の変なファッションの見本市
若いコたちは、とにかくお洒落を一生懸命していきます。笑っちゃうほどな人もいたりして。(ニッキー・ミナージュみたいな)大人の人は洗練されたファッション。私は個人的には、昔ほど、人のファッションに興味はなくなってしまったのですが、洗練された格好いい大人の女性(または男性)を見るとドキリとするものです。
モードって、格好いいよね、と。


ピーター・ピロットっぽい服装の人↓
P1030990.jpg




まだまだ細かいことはあるのですが、おおよそ大きく分けるとこのような注目点が個人的にはあるのです。そんなわけで、昨日からパリファッションウィークが始まりました。写真を見せられるものは、ピックしてみたいと思います。



人気ブログランキングに参加しております。下記リンクをポチッと1回クリックして頂けますと励みになります。→ 人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック
人気ブログランキングへ

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント:

カレンダー
ランキング
カウンター
プロフィール

search

Author:search
サーチです。
サブカルチャーに憧れた思春期を過ごし、ロンドンの某芸術大学の門をたたく。その後、メジャーとサブカルの両方をこよなく愛するように。世界中のアート、音楽、ファッションをちょっぴりサブカルの視点から紹介します。アートは若葉マークにつきご注意下さい。

ブクログ始めました(私の本棚)↓
http://booklog.jp/users/search123

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。