スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パリファッションウィーク&アート展を サーチ!サーチ!サーチ!2

パリコレクションが一昨日で終了しました。9日間、毎日何らかのショーを見に行っていたのですが、終わった疲れからか、現在、風邪をひいてしまい静養しています。というわけで、タンブラーの私のブログには掲載しなかった写真をこちらでは載せようと思います。


今後、大物になるといわれているAnthony Vaccarelloのショーはクールで格好いい女性像を見ることができました↓
P1040162.jpg

*私の隣に座ったベルギー人ジャーナリストはこのショーを、余り何も感じなかったわと評していました。


今回30近くのショーを見たのですが、一番好きになったモデルさんがこのコ@クリストフ・ルメール↓ 単純に髪型が好みw
P1040279.jpg


申しておりませんでしたが、個人的に好きなブランドベスト3にクリストフ・ルメールが入っている私としては、今回のショーのチケットがゲットできた事に少々感動しています。
P1040280.jpg



ショーを見る人々に笑顔を与えてくれたイッセイミヤケ。
P1040807.jpg


秋冬なのに軽やかで、ターンしてみたくなる服というコンセプトイメージとマッチしたショーに心が動かされました。
P1040823.jpg



A.F.VANDEVORSTのショーでは絵画のような世界観に釘付けでした。格好いいを演出するとこうなるんだろうな〜と感じることができたのです。
P1040891.jpg



今回、何度もショー会場になったウェスティンホテル パリは贅を尽くした内装に感心。
P1040915.jpg


P1050351.jpg


Hotel Westinで行われたロシアのVALENTIN YUDASHKINの会場↓

P1050276_20130308191807.jpg


VALENTIN YUDASHKINさんのショーにはロシアの富豪の方々が沢山集まったっぽい。そんなフロント・ローをパチリ↓
P1050310.jpg




MARTIN GRANTのショー会場はMARIE DU ⅣEというところ↓
P1050044.jpg


P1050071.jpg



私服でもよく着ているBLESSのプレゼンテーションはBLESSの関係者のお友達の家で開かれました↓ 友達の部屋と同居した最新コレクション。
P1050093.jpg


P1050107.jpg


P1050109.jpg


P1050135.jpg



VERONIQUE LEROYのショーでは、モデルさんの髪型が素敵でした↓ @ Palais de tokyo
P1050146.jpg


P1050182.jpg


P1050189.jpg



会場外では相変わらずのスナップ合戦↓
P1050197.jpg



会場のチョイスや雰囲気はよかったのに、見に行ったコレクションのショー終了後の拍手が一番少なかったHEXA BY KUHO↓
P1050226_20130308191807.jpg


P1050252_20130308191806.jpg




去年のRaster Nortonのパーティー以来に行ったGaite Lyriqueで開かれたのは、Jean-Paul Lespagnard。このブランドはブレスとベルンの中間のような印象を受けました。
P1050440.jpg



P1050379.jpg


P1050415.jpg


P1050427.jpg


P1050395.jpg



FATIMA LOPESというブランドは良くなかったけれど、会場のLa Maison de la Chimieの高さのあるエントランス空間にちょっと感動してしまいました。特に、この写真のクロークの上に絵画が飾られているのと、下写真のガラスのエントランスの窓枠の使い方↓
P1050502.jpg


P1050500.jpg




アニエス・ベーのショーでは、私の席の正面が出入り口だったのですが、ショーが始まってからも人が来てしまい、入れなかった人達が階段前からショーを覗き込んでいます。そんなところをパチリ↓
P1050558.jpg



大御所のJUNKO SHIMADAはこのようなプレゼンテーションを披露↓
P1050599.jpg



台湾ブランドのSHIATZY CHENではスカーフのお土産を頂きました↓
P1050662.jpg



MONCLER GAMME ROUGEのショーでは雪が降り積もり、熊や犬が出てくるエンターテイメント満載(ちょっと子供っぽかったけど)
P1050745.jpg


P1050750.jpg


P1050770.jpg


P1050793.jpg


このモンクレールのショーの音楽担当があのFREDRIC SANCHEZ氏で、通りで面白いわけだと感じました。パリに行く前に菊地成孔さんの本を読んでから行ったので、フレデリックさんの音楽に合わせたランウェイショーを見る事に感慨深い気持ちになりました。






というような具合です。楽しんで頂ければ幸いです。




人気ブログランキングに参加しております。下記リンクをポチッと1回クリックして頂けますと励みになります。→ 人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック
人気ブログランキングへ

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント:

カレンダー
ランキング
カウンター
プロフィール

search

Author:search
サーチです。
サブカルチャーに憧れた思春期を過ごし、ロンドンの某芸術大学の門をたたく。その後、メジャーとサブカルの両方をこよなく愛するように。世界中のアート、音楽、ファッションをちょっぴりサブカルの視点から紹介します。アートは若葉マークにつきご注意下さい。

ブクログ始めました(私の本棚)↓
http://booklog.jp/users/search123

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。