スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Yang Yongliangを サーチ!サーチ!サーチ!

galerie paris-beijingではYang Yongliangさんのthe PEACH COLONYという展示がありました。



数年前に上海に2週間旅行したことがあるのですが、その頃、上海万博が控える1年前だったので街の活気が凄かったです。地球の歩き方やるるぶに書いてあるオススメのご飯やさんを訪ねたら、潰れてたり、タクシーの料金が安いため、現地の人がすぐに乗車するので夜の8時以降の食事時に街でタクシーを捕まえるのはとても困難だったり、外灘というエリアが本当にヨーロッパを模倣した街だという事を実感したり、シェルターというクラブではちゃんと当時からダブステップのイベントがある事に感心したり、おまけにノイズのライブイベントが上海郊外で開催される始末で、凄い街だという事を肌で体感した旅でした。

そしてその話はアートにも言えることで、M50というギャラリー街に行った時は驚きを覚えました。多分、日本よりアートが身近な街なのかもしれない!





今回紹介する、Yang Yongliangさんの作品を見ながら、上海のM50というエリアをそして町並みを思い出しながら堪能しました。私が気に入った作品はこちら↓



Heavenly city5



HEAVENLY CITYと名付けられたこのシリーズの作品が今の中国を映している感が全開でとても好きです。スモッグの中に道路って。。。このスモッグも大気汚染のことを皮肉っているのかな、と夢想したり、素直にヘブンとしてみてもキレイだと思いました。


Heavenly city9



こちらはビルがとけこんだバージョン。確かにハイテクノロジーな中国ってこういうイメージあるな、と思います。他にはこんな作品がありました。


Yang02.jpg


yang2.jpg



今回のアーティストの方は中国であることを生かした作品を作っていました。それが好みかどうかといえば私はあまり好きなタイプではないのですが、ヨーロッパや欧米人が好むエスニックなテイストってあるよな、とも同時に思うのです。その方が売りに繋がりやすいでしょうし。
元々好きな着眼点なのかもしれませんが、奈良美智さんやミスターがあのテイストで世界で勝負する、できる理由も自ずと見えてくるなと感じた一日でした。




今回の記事は参考になりましたか?もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。→ 人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック
人気ブログランキングへ

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント:

カレンダー
ランキング
カウンター
プロフィール

search

Author:search
サーチです。
サブカルチャーに憧れた思春期を過ごし、ロンドンの某芸術大学の門をたたく。その後、メジャーとサブカルの両方をこよなく愛するように。世界中のアート、音楽、ファッションをちょっぴりサブカルの視点から紹介します。アートは若葉マークにつきご注意下さい。

ブクログ始めました(私の本棚)↓
http://booklog.jp/users/search123

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。