スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CLAIRE CORCIAを サーチ!サーチ!サーチ!

GALERIE CLAIRE CORCIAでは、Béatrice BRODER, Seyni CAMARA, Mirta EDERY,Haya RAN-GRAETZ, Jean-François VEILLARDさん達5人がペインティング、スカルプチャー、イラストレーションという形態で展示がされていました。その中から気になったものを抜粋します。


Béatrice BRODERさんの作品。HPが可愛かった。。。
IMG_2539.jpg
展示されている作品はこのテイストでおどろおどろしさを感じました。シニカルさも、、、。



Mirta EDERYさんの作品はこちら↓
IMG_2544.jpg



IMG_2541.jpg
↑この作品が2006年のアレキサンダー・マックイーンのショーで行われたたケイト・モスを思い出しました。違うものなんだけれど、自分の記憶の琴線に触れた、、、呼び起こされたということです。

そのケイト・モスのホログラム画像がこちら。





話を戻して、次はHaya RAN-GRAETZさんの作品。
IMG_2534.jpg
展示されていたのは全て少女の絵。女の子の絵で昔グッと来たのが今はファッションデザイナーをしているシャルル・アナスタス。ファッションイラストなのですが、ファッションに閉塞感が漂い始めた2000年代初頭の中で、久しぶりに現れたイラストでのファッション表現は新鮮でした。


そんなシャルルのイラストはこちら↓
080818.jpg




またまた話が逸れてしまいました。。。
最後はJean-François VEILLARDさんの作品。彼の絵はこのギャラリーの中で一番気になった絵です。


IMG_2546.jpg


IMG_2549.jpg


IMG_2550.jpg



フォービズムのような色使いは私自身好みのテイストです。それに加えての摩訶不思議世界観が色とりどりの絵との調和が凄かった。ファンタジーだなと思いました。かわグロっていいね!



私自身アートについては若葉マークなので、うまいこと言うのがとても難しいのですが、今回の記事のようにファッションや音楽と絡めて見たアートについて語れたらと思っています。今後ともどうぞよろしくお願い致します m(_ _)m





人気ブログランキングに参加しております。下記リンクをポチッと1回クリックして頂けますと励みになります。→ 人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック
人気ブログランキングへ

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント:

カレンダー
ランキング
カウンター
プロフィール

search

Author:search
サーチです。
サブカルチャーに憧れた思春期を過ごし、ロンドンの某芸術大学の門をたたく。その後、メジャーとサブカルの両方をこよなく愛するように。世界中のアート、音楽、ファッションをちょっぴりサブカルの視点から紹介します。アートは若葉マークにつきご注意下さい。

ブクログ始めました(私の本棚)↓
http://booklog.jp/users/search123

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。