スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Le Credacのマチュー・メルシエを サーチ!サーチ!サーチ!

私が現在住んでいる場所はパリ13区のPlace d'Italie というエリアなのですが、そこからメトロ7番線の終着駅であるMairie d'Ivry駅にあるle Credacという現代美術センターに行ってきました。

IMG_1557.jpg

IMG_1554.jpg

↑こちらの4階が会場です。

IMG_1552.jpg

↑入口にはゴールドのカワイイ鏡が。



今回見てきたエキシビジョンはマチュー・メルシエ氏です。

IMG_1556.jpg



彼は昨年の3月に六本木の森美術館での『フレンチ・ウィンドウ展:デュシャン賞にみるフランス現代美術の最前線』にて ↓ の作品を展示したこともあるそうです。


20110214_fw2_v.jpg



コンセプチュアルアート、ミニマルアートは本当に理解する事が難しいです。
「それはいったい何なんだろう?何なんだ?」
から始めなくちゃいけないから。


とりあえず写真を見てください ↓

Room1

IMG_1535.jpg

IMG_1536.jpg

IMG_1537.jpg

IMG_1538.jpg

IMG_1539.jpg

IMG_1540.jpg

IMG_1541.jpg

IMG_1542.jpg

Room2-3

IMG_1544.jpg

IMG_1545.jpg

IMG_1546.jpg

IMG_1547.jpg

↑ ウーパールーパーらしき生物。。。

IMG_1548.jpg

IMG_1549.jpg

IMG_1550.jpg


というわけです。

マルセル・デュシャン賞を受賞しているだけあって、コンセプチュアルとしか言いようがないアートでした。
エキシビジョンのテーマは「Sublimations」。

フランス語が全く読めないだけに、エキシビジョンの意味を探ることも難しい私は見たまま感じたままに何を芸術に昇華したのか、何かを芸術から昇華させたのか。
考えました。

わからなかった。
コンセプチュアルアートは本当に捉え方が難しいです。
コンセプチュアルだけあって、理詰めの考え方が基本なわけで。これを言うとコンセプチュアルアートを全て否定してしまう事になるのだけれど、「学」が全てを肯定しているのがコンセプチュアルアートの全てなのではないかと何度も考えた事があります。
そんなわけがない、とも何度も考えた事があります。

レディメイドの物を置いただけ。 にしか見えない。しかし、そこに隠された意味が必ずある。そこが面白い、そこに意味を見出すことがこのアートの楽しみ方でもある。


私は現在、近代画に夢中なんですが、それとは別に「アカデミック美術」も好きなんです。
圧倒的にわかりやすい「上手さ」手の届かない「美しさ」に魅了されます。


コンセプチュアルなアートに対峙する時、私は必ず比べることができないアカデミックアートの事を思い出してしまうのです。

そして、必ずまた思うのが「何でもかんでもアートじゃん!」という身もフタもない答え。
答えが出ない楽しさ。これもまたコンセプチュアルなアートの魅力でもありますね。

色々な事を深く考えさせられた展示でした。
理解したいので、もう1度行くかも。。。


※追記
1日経って(2/4 現在)、写真を見ながら1つ発見したのが。
この全ての展示物が球体によって昇華されているのでは、、、という発見が今日ありました。しかし、確信はありません。ウーパールーパーみたいな展示に関しては丸い部分が一つもないわけだし、そして勿論、ROOM1のスーツケースにもあてはまるわけで。
でも、何かに気付いたり、思い起こさせる展示は素晴らしい、わからないのは楽しいという再発見もありました。やっぱり、コンセプチュアルアート楽しいな。うん。



今回の記事は参考になりましたか?もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。
→ 人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック

人気ブログランキングへ

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント:

カレンダー
ランキング
カウンター
プロフィール

search

Author:search
サーチです。
サブカルチャーに憧れた思春期を過ごし、ロンドンの某芸術大学の門をたたく。その後、メジャーとサブカルの両方をこよなく愛するように。世界中のアート、音楽、ファッションをちょっぴりサブカルの視点から紹介します。アートは若葉マークにつきご注意下さい。

ブクログ始めました(私の本棚)↓
http://booklog.jp/users/search123

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。