スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RICK OWENSで サーチ!サーチ!サーチ!

RICK OWENSのショーについて。


P1050196-RICK.jpg

↑会場です。



P1050169.jpg


RICK OWENSといえば、無彩色、ミニマルで、そしてボリューム感のある服、タイトなカッティングが絶妙なブランドですが、今シーズンも例年通り退廃的な独自の世界観を一貫してするスタイルはデビュー以来変わりません。

それこそがまさにデザイナーさん自身の美学。なのではと思います。これぞミニマル。
というわけで、私もショーが始まる前からなんとなく予想していたとおり、今まで見た事ある感じの洋服と大きな差がないままショーが終わりました。でもそれは非難しているわけではなくて、デザイナーさんらしさを貫く、同じことを永遠とし続けて、それでもブランドを続けることができる凄さを証明し続ける希有な存在であることに驚きを隠し得ないわけです。

そんな中から私が好きなルックを下記に添付します。

2012-01-19-14-01-00-rick-owens-7615.jpg

↑ザ・ミニマル!

2012-01-19-14-06-04-rick-owens-7696.jpg

首もとの量感、クタっと感がまさにRICK!

2012-01-19-14-07-57-rick-owens-7730.jpg

今日のパリは雪が降っていたのですが、Place d'Italie 7番線ホームにいるホームレスの方がこんなボリュームのあるコーディネートをしていて、それを思い出しました。誰が着るんだ!これ!と思ったら、もう既に見本はいるんですね。
いや、非難しているわけじゃなくて、こういうデカイルックは本当に好きです。パリコレはこうであってほしい!ビックリしたいです。


2012-01-19-14-09-54-rick-owens-7751.jpg


RICKさん素敵なショーをありがとうございました。



今回の記事は参考になりましたか?もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。
→ 人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック

人気ブログランキングへ

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント:

カレンダー
ランキング
カウンター
プロフィール

search

Author:search
サーチです。
サブカルチャーに憧れた思春期を過ごし、ロンドンの某芸術大学の門をたたく。その後、メジャーとサブカルの両方をこよなく愛するように。世界中のアート、音楽、ファッションをちょっぴりサブカルの視点から紹介します。アートは若葉マークにつきご注意下さい。

ブクログ始めました(私の本棚)↓
http://booklog.jp/users/search123

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。