スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

galerie metropolisを サーチ!サーチ!サーチ!

IMG_0299.jpg


「HIGHLIGHT PARK」と名付けられた展示。ギャラリーに入ってすぐに現れるのがスケートボードのリンク(ハーフパイプ)。ペインティングしたのはJulien COLOMBIERさん。


IMG_0294.jpg


IMG_0296.jpg


IMG_0298.jpg


ギャラリーの奥に進むと彼が描いたペインティング作品が幾つか展示されています。
IMG_0295.jpg


IMG_0297.jpg



スケートボードの記事では過去にはケネス・カペロのACID DROPを取り上げました。


この5年ぐらいで忘れられないスケートボードカルチャーの美しさを取り上げた写真集でもう1つ。
平野太呂さんの「POOL」という写真集です。

平野太呂 - 武蔵野美術大学で現代美術としての写真を学び、その後講談社のアシスタントを勤める事により、より実践的な撮影技法を学ぶ。スケートボード専門誌『SB』起ちあげに関わり、フォトエディターを勤める。近年は『SB』にて専門的なスケート写真を、マガジンハウス『relax』にてスケートボードのカルチャーについての記事を企画、提供している。その他にもCDジャケット、ファッション誌、カルチャー誌等で活躍中。プライベートや取材などで広がった国内外の交友関係を生かし、さまざまなアート活動をしている人達の発表の場になればと2004年渋谷区上原にギャラリー『NO.12 GALLERY』を起ちあげる。アメリカ各地で開催された”BEAUTIFUL LOSERS”展にマーク・ゴンザレスと共同で制作したジンを出品。

4898151620.jpg


プール・スケーターはまず、空き家や廃墟にある使われていないプールを見つけることから始まる。「売り出し中」のサインがある家を狙ったり、時にはセスナをチャーターし上空から探すこともあるという。やっと見つけることができたとしても、通常はゴミが溜まりヘドロ状になっていたり、時にはプールの中に注射器が散乱していることもある。彼らはまず大きなゴミをプールから排除し、持参したモップでプールをきれいに掃除する。仕上げに排水溝等の障害物をガムテープで塞ぐ。この一連の作業を終えるとようやくプール・スケーティングを楽しむことができる。しかし、不法侵入であるこの行為に長居は禁物で程よく滑ったら次のプールへと移動して行くという。


59S_pool2.jpg


thumb1.jpg


59-pool3.jpg


pool_04.jpg


pool7.jpg



スケートカルチャーの事を詳しく分からなくても、このスケートリンクに変貌を遂げたプールの事をただただ美しいと思うばかりです。関係あるのはリンクのことだけなのですが、今回のこのJulien COLOMBIERさんの展示を見て最初に思い出したのが平野さんのPOOLの事でした。ハーフパイプに描かれたジュリアンさんのペイントはまるで闇の森に潜む寄生植物を連想させました。ただ簡単に美しいというわけじゃなくて、背景に黒を選んだ点でもジャングルに潜む闇の部分も描かれているようにも見えます。


音楽で言うとこんな感じを妄想しました↓




人気ブログランキングに参加しております。もし可能でしたら、下記リンクをポチッと1回クリックして頂けますと励みになります。→ 応援よろしくお願い致します。
人気ブログランキングへ

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント:

カレンダー
ランキング
カウンター
プロフィール

search

Author:search
サーチです。
サブカルチャーに憧れた思春期を過ごし、ロンドンの某芸術大学の門をたたく。その後、メジャーとサブカルの両方をこよなく愛するように。世界中のアート、音楽、ファッションをちょっぴりサブカルの視点から紹介します。アートは若葉マークにつきご注意下さい。

ブクログ始めました(私の本棚)↓
http://booklog.jp/users/search123

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。