スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Yoshinori Sunaharaを サーチ!サーチ!サーチ!

前回取り上げたのがグラフィックなアートでした。それを音に変えたなと思うのが2001年に出た砂原良徳a.k.a.まりんのLOVEBEATというアルバムです。まさに大人の洗練された音楽です。


yoshinori-sunahara-lovebeat.jpg


このアルバムが出てもう10年が経つなんて信じられません。音がグラフィカルでミニマルな音。そんな音があるのかと思いましたがこのアルバムはどこをどう切ってもグラフィクが音になっています。アンビエントとしてもエレクトロニカとしてもミニマルミュージックとしても聞けます。














こちらは最新アルバムの曲↓




LOVEBEATは品がある音楽なのでオススメです。どの景色にもハマる優れた音楽です。引き算の美学はコーネリアスのPOINTもとても素晴らしいけれど、POINTよりも個人的にはLOVEBEATの方が好きでした。どちらも日本人らしい美学が音に詰まっている気がします。日本の建築で引き算の美学といえば「桂離宮」がそれにあてはまります。海外の建築で言うと、ル・コルヴィジェのサヴォワ邸になるのではないでしょうか。このLOVEBEATの音の感じが私の中でこれらの建物とリンクしているのです。これらの建築をイメージして音の世界に埋もれました。


dsc17237a.jpg


Shoin.jpg


c0191894_4281100.jpg


savoye21.jpg


音楽が良い部分ははたったの3000円で素晴らしいアートに出会えるということ。誰にでも手の届く価格でその音楽を自分の物にできる。良質の音楽は間違いなくアートですね。



人気ブログランキングに参加しております。もし可能でしたら、下記リンクをポチッと1回クリックして頂けますと励みになります。→ 応援よろしくお願い致します。
人気ブログランキングへ

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント:

カレンダー
ランキング
カウンター
プロフィール

search

Author:search
サーチです。
サブカルチャーに憧れた思春期を過ごし、ロンドンの某芸術大学の門をたたく。その後、メジャーとサブカルの両方をこよなく愛するように。世界中のアート、音楽、ファッションをちょっぴりサブカルの視点から紹介します。アートは若葉マークにつきご注意下さい。

ブクログ始めました(私の本棚)↓
http://booklog.jp/users/search123

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。