スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FABIEN BARONを サーチ!サーチ!サーチ!

Fabien Baronーファビアン・バロンー彼は過去に『HARPER'S BAZAAR』『ARENA HOMME PLUS』などのファッション誌のアートディレクションのほか、バレンシアガ、カルバン・クライン、ミュウミュウなどのファッション広告イメージをつくりあげてきたクリエイティブディレクターだ。彼自身も1990年から92年までは『Interview』”誌においてクリエイティブディレクターをしていた。


私達の世代のスーパーアートディレクターがファビアン・バロンという事に異論はないでしょう。今もトップで活躍し続ける巨匠です。最近ではこの広告を覚えている方も多いと思います↓


Fei-Fei-Sun-for-cK-One-Spring-Summer-2011-DesignSceneNet.jpg
この宇宙時代の広告といったイメージ。ファビアン・バロンはまだまだ現役です。


彼はタイポグラフィーの魔術師とも言われています。それがアレクセイ・ブロドヴィッチ亡き後のハーパース・バザーを復活させた要因の1つです。大胆なエディトリアルデザインは現在活躍しているグラフィックデザイナーに多大なる影響を与えました。大胆なのに品がある。洗練されていて美しい。言葉にすると単純なのですが、文字の配列がアートになることを教えてくれるのです。


f1.jpg


f2.jpg


f3.jpg


f4.jpg


baron-baron7.jpg


baron-baron10.jpg

バロンが当時起用していたフォトグラファーは表紙&巻頭に大御所パトリック・デマルシェリエ、ピーター・リンドバーグらを使い、とがったページをデビット・シムズ、クレイグ・マックディーン、マリオ・テスティーノだったそうです。。。世界一のスタッフを集めることができるのも彼の人脈が成せる業でもあるのですが、良いページになるのは当たり前ですが、彼らの写真×バロンの文字組みで美しさが1000倍ぐらいアップするのだから、溜息がでます。

バロンは自分で作ったフォントを採用してページ作りもしていました↓
tumblr_li52yvEhmK1qzswpio1_r2_1280.jpg



広告写真でも肌の露出が多い写真をセレクトすることが多かったのですが、それも徹底的に美しい仕上げになります。官能よりも洗練された美が印象としては合うと思います↓
6a00d8341c730253ef00e54f267cb28833-640wi.jpg



Picture-18.jpg


f-2.jpg


m_fb.jpg


F-1.jpg


images-f.jpeg


ファッション写真の世界は実態のない「イメージ」だけの世界です。そのイメージを完璧にコントロールしたのがファビアン・バロンだったのです。ファッションにインテリジェンスとアートを持ち込んだ彼の功績はとんでもないものだと思います。


6a00e54ef96453883401053703d6df970c-800wi.jpg


51200.jpg



ギイ・ブルダン、ピーター・ドイグ、ファビアン・バロン、田中一光と連続して私が若い頃に憧れた人物を紹介していきました。現代アートにも全て通じる世界観を持った方を振り返る記事は書いていて興奮するものです。あれも見てほしい、この写真も出しておきたいなど書いていて楽しい気分になるのでした。



人気ブログランキングに参加しております。下記リンクをポチッと1回クリックして頂けますと励みになります。→ 人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック
人気ブログランキングへ

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント:

カレンダー
ランキング
カウンター
プロフィール

search

Author:search
サーチです。
サブカルチャーに憧れた思春期を過ごし、ロンドンの某芸術大学の門をたたく。その後、メジャーとサブカルの両方をこよなく愛するように。世界中のアート、音楽、ファッションをちょっぴりサブカルの視点から紹介します。アートは若葉マークにつきご注意下さい。

ブクログ始めました(私の本棚)↓
http://booklog.jp/users/search123

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。